このページは、 のページにあったものを引き継いでいます。
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類
 
短縮語 たんしゅくご shorting, abbreviation
——『ウルトラマニアック』1巻172・174ページ(吉住渉/集英社 りぼんマスコットコミックス)
仁菜 あ 料理部の
人たちが
あげたクッキー
コンビニ袋に入れてる?)
架地

キュッ)
↑袋を締める音
ガサッ!)
↑袋を捨てる音
——ここ12コマ省略します——
架地 見た?」
仁菜 こく)
↑うなずいている
な なんで
捨てちゃったの?」
架地 顔も名前も
知らねー奴の
作ったもんなんか
食えるか
キモい
——『ウルトラマニアック』1巻172・174ページ
(吉住渉/集英社 りぼんマスコットコミックス)


定義重要度

短縮語は、その名前のとおり、ことばを短くするレトリックです。つまり、単語の中にある一部分だけを使って、その事柄を表現するというものです。


効果

効果1長い単語をいつも言っていると疲れるので、短くする

もともとは、長い単語でした。けれども、何回も言っていると疲れる。なので短くして、その単語をカンタンに発音できるようにする。これが「短縮語」です。
:短く、短縮、縮む、縮める、縮まる、つづまる、つづめる

使い方
使い方1外来語を借り入れるときに、日本語に合うように短縮する

あるコトバを外来語を借り入れるときに、そのコトバが日本語に合うように短縮されます。これは、日本語と外国語との、音節の数えかたの違いなどによって生まれるものです。たとえば「スマートフォン」は、「スマホ」になります。「テレビ」とか「アニメ」のように、もはや「短縮する前」の「デレビジョン」「アニメーション」という言いかたが、ほとんどされていないこともあります。
:外来語
使い方2短縮して若者言葉をつくる

「気色悪い」が「キショい」になったり、「難しい」が「ムズい」になったりするのが、これにあたります。



例文を見る例文を見る(末尾)

引用は、『ランダムウォーク』1巻から。

舞台は、とある中学校。主人公は「立石亜由」という女の子。そして彼女と仲のいい関係になっているのが、「架地哲士」という男の子。

とある日、転校してきた「佐倉仁菜」という女の子と知り合いになる。彼女は実は、魔法王国から留学してきた魔女っ子。
その「仁菜」が、放課後の教室で「架地」が一人で何かをしているのを見かける。

よくその行動をよく観察していると…。なんと、料理部の人たちが作ったクッキーを捨てている!
それが引用のシーンです。
な なんで
捨てちゃったの?
という「仁菜」の質問に対して、
顔も名前も
知らねー奴の
作ったもんなんか
食えるか
キモい
と答える。その「キモい」というのが、「短縮語」にあたる言葉です。

この言葉を細かく分けると、「語中音消失」になります。「キモチわるい」の「ちわる」の部分が省略されて、「きもい」になっているからです。



レトリックを深く知る

深く知る1「短縮語」として働くレトリック
深く知るa「短縮語」と「新造語法」との関連
「短縮語」を作る方法としては、つぎのようなものがあげられます。
  • 語頭音消失:ことばの最初の部分を省略するもの
  • 語中音消失:ことばの中間の部分を省略するもの
  • 語尾音消失:ことばの最後の部分を省略するもの
  • 頭文字法:それぞれの単語の頭文字だけをとってきて、ならべるレトリック
またこういったレトリックは、新しい言葉を作るときによく使われるものです。そのことから、「新造語法」とも強くかかわります。くわしくは「新造語法」を、ご参照ください。

深く知るb「短縮語」と「符丁」などとの関連
商売の「符丁」を、「短縮語」を使ってつくることもあります。このばあい「符丁」は、知られてもかまわないもの(=「専門語・通語」)と、知られてはマズいもの(=「隠語」)とがあります。

深く知る2もともと短い単語は、「短縮語」にできない——「長い単語」

もともと音の長さが短い単語は、「短縮語」にはなりません。短い単語を、さらに短縮するのは無理があるからです。

たとえば「鉛筆」を短縮するのは、不可能といっていいでしょう。ですが、「シャープペンシル」は、かんたんに「シャーペン」が短縮することができます。ですので省略できるかどうかは、音の長さで決まります。

深く知る3短くするには、その単語がよく使われる必要がある——「頻繁」

めったに使わない単語は、「短縮語」にはなりません。というよりはむしろ、めったに使わない単語を「短縮語」と使うのは危険です。

「短縮語」を使うと、音の短い単語が、いくつも作られることになります。すると、「聞き違い」などでコトバが通じないことや、まちがったことを伝えてしまう。それは、時と場所によっては危険を生みかねません。

深く知る4「短縮語」では、最初の文字を残すのが基本

「短縮語」を使って作られるばあい、単語のどの部分を削ることになるか。それはふつう、単語の先頭部分をのこし、その後ろを削ることになります。つまり、「語尾音消失」がほとんどです。

これは単語の先頭部分が、いちばん重要だからです。つまり、その単語をあらわす情報を、いちばん多く持っているからです。

これは〈逆さまなしりとり〉をすると、すぐに分かります。

ふつうのしりとりは、前の人が言った単語のうち、いちばん最後をとって次のことばの最初を考えます。

これに対して〈逆さまなしりとり〉は、前の人が言った単語のうち、いちばん最初をとって次のことばの最後を考えます

たぶん、うまくゲームにするのは難しいと思います。これは決して、〈逆さまなしりとり〉なんて遊びになれていない、というわけではありません。

もともと人間は、単語のいちばん最後については、あまり目を向けていません。それにしたがい、「短縮語」でも最後のほうから削られていくのです。




レトリックの呼び方

呼び方 短縮語・短縮
呼び方 省略・略語


関連レトリック

新造語法複合語複合語短縮派生語、サンドイッチ・ワード、頭文字法、逆形成、異分析混成語逆さ言葉、ズージャ語、語呂合わせ、濫喩接辞添加法、新造語、新出語、外来語、声喩・オノマトペ、音転倒、語頭音消失語中音消失語尾音消失

参考資料

●『新語はこうして作られる〈もっと知りたい!日本語〉』(窪薗晴夫/岩波書店)

「短縮語」に、多くのスペースが割かれています。本のタイトルにもなっている「新語」と作るときには、多くのばあい「短縮語」が使われます。


このサイト全体からのサーチ
 
「使う目的別のページ」の中からサーチ
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類