このページは、 のページにあったものを引き継いでいます。
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類
 
同綴同音異義 どうてつどうおんいぎ homonymy
——『こいこい★生徒会』2巻12〜13ページ(あらきかなお/アスキー・メディアワークス 電撃コミックス)
一馬 あれ?
向こうに橋が
あるんじゃない?」
会長 おおっ
本当かい?」
カルタ 帰れる」
看板 このはし
わたるべからず
カルタ これは…」
会長 このはし
渡るべからず…」
真ん中を渡るやつか」
一馬 死ぬよ」
——『こいこい★生徒会』2巻12〜13ページ
(あらきかなお
/アスキー・メディアワークス 電撃コミックス)



定義重要度

同綴同音異義とは、2つの単語のつづりが同じで発音も同じだけども、表現する意味は別というレトリックです。つまり、つづりかたと音が全く同じでありながら、意味が異なることをいうものです。


使い方
使い方1「同綴同音」のことばを、近くで使う

「同綴」というのは、つづりが同じということ。「同音」は、発音が同じこと。そして意図的に、この「同音」で「同綴」のことばを重ねたばあい、それが「同綴同音異義」となります。

注意

注意1音が同じであったり、つづりが同じばあい、混乱しやすい

一般的にいって、「音が同じ」ことばや「つづりが同じ」のことばを並べることは、好ましくないとされています。どうしてかというと、「話しことば」では、同じ音のことばが何度も別々の意味で出てきたりすると、混乱してしまうからです。また、「書きことば」では、同じつづりのことばが何度も違った意味で出てきたりすると、読みにくい文になってしまいます。 ですので、ふつう「同音」のことばは重ならないようにするのがよいとされています。



例文を見る例文を見る(末尾)

画像は、『こいこい★生徒会』の2巻から。

主人公は、五光カルタ。彼女は、このたび生徒会のメンバーになった。
そこで、親睦会を兼ねた合宿をすることになる。

生徒会のグループは、ぜんぶで4人。
森の中にある合宿先に到着したあとで、露天風呂に向かう。合宿先から露天風呂まで、歩いて1時間以上もかかった。

問題は、その帰り道。合宿所に行くため、近道をする。これが大失敗で、道に迷ってしまう。そんな中、周りを見回してみる。

すると、ボロい橋を見つける。そしてそのワキには、看板が立っていた。いわく、
「このはしわたるべからず」
とのこと。

この「はし」が、問題の「同綴同音異義」にあたります。
つづりは、ともに「同綴」(はし=はし)
発音は、ともに「同音」(ハシ=ハシ)
意味は、それぞれ違っているので「異義」(橋≒端)
といったわけで、「同綴同音異義」となるけです。

なお、引用した画像にも書いてあるように。

一休さんは、「このはしを渡るべからず」とあったとき、「この橋」ではなく「この端」だと読みとりました。そして、端っこではなくまん中を歩いて、無事に渡りきりました。

ですが今回は、「この橋」を渡るのは危険です。「この端」を渡っても大変なことになります。なので、あえて両方の読み取りかたのできる看板を置くのは、あまり意味がなさそうです。



レトリックを深く知る

深く知る1「同綴同音異義」は避けられやすい
さいしょのほうでも少し書きましたが、「同綴同音異義」ということばがあるのは、とても不便です。なにせ、「読んだだけ」「聞いただけ」ではどちらの意味だか判断がつきにくいのだから、誤解がおきやすくなってしまいます。

そこで、ふつうは「どちらかのことばを変える」ことによって、「同綴同音」ではなくなるようにします。具体的にいえば、
  1. 書きかたを変える →「同綴」でなくなる
  2. 読みかたを変える →「同音」でなくなる
という方法がとられます。

たとえば。
日本語には、踊りをするという意味の「バレエ」と、相手のコートにボールを打ち込むゲーム(排球)という意味の「バレー」があります。

どうして同じような音を持っていることばなのに、あえて「バレエ」「バレー」と書きかたが違うのか。それは、同じにしてしまうと混乱するからです。わざと「書きかた」を変えることによって、「同綴」でなくなるようにしているのです。

また、どうして「バレエ」は「平板なアクセント」なのに、「バレー」は「最初にアクセントがある」のか。それも、同じにしてしまうと混乱するからです。わざと「読みかた」を変えることによって、「同音」でなくなるようにしているのです。(もしかしたら、英語での「バレエ」のアクセントが影響しているのかも知れないけれど。)

そういったわけで、そもそも「同綴同音異義」のことば自体が、とっても少ないのです。そのため、この「同綴同音異義」というレトリックを探すのは、かなり難易度が高いと思います。

深く知る2「同綴同音異義」と「異綴同音異義」との関係

この「同綴同音異義(homonymy)」と似たものに、「異綴同音異義(homophone)」というのがあります。

一般的にいって「同綴同音異義(homonymy)」と「異綴同音異義(homophone)」との違いは、「つづり方」が同じがどうかで区別します。つまり、
  • つづりが同じ=「同綴」のばあいには「同綴同音異義(homonymy)」
  • つづりが違う=「異綴」のばあいには「異綴同音異義(homophone)」
ということになります。

深く知る3「同綴同音異義」に似たレトリック用語との関係

この「同綴同音異義」と似たレトリック用語は、いろいろとあります。それを図で示すと、次のようになります。


発音 綴り字 意義

Homophone × × Homonym
Homograph  ○ ○  ×  
 
 × ×  Heteronym
 ○は含む、×は含まないの記号。
『現代英語学辞典』(石橋幸太郎[編集代表]/成美堂)から抜粋

上の図を見ただけでも、かなり混乱していることがわかります。
たとえば「Homograph」は、発音と綴り字が同じで。意義が異なるものをさす。けれども、発音と意義が違っていて、綴り字が同じもののことを言う場合もある。

といった感じで、うまくまとめることは、非常に困難です。

深く知る4「同綴」なっている単語どうしの、意味のつながり

「同綴同音異義」になっている、1つのペア。このペアあいだには、意味などで何らかのつながりがあるのでは…、と思いがちです。ですが、「同綴同音異義」をつくっている単語どうしは、たまたま同じ綴りで、しかも同じ発音だったというだけです。語源などに、つながりはありません。




レトリックの呼び方

呼び方 同綴同尾異義


関連レトリック

音喩同時的音喩異綴同音異義、半諧音、押韻頭韻脚韻類音語反復畳音法同音集中異義復言トートロジー循環論法反復法回文

参考資料

●『現代言語学20章—ことばの科学—』(ジョージ・ユール[著]、今井邦彦・中島平三[共訳]/大修館書店)

「同綴同音異義」と「多義性」について、書かれています。また「同綴同音異義」についても、基本的な説明がされています。


このサイト全体からのサーチ
 
「使う目的別のページ」の中からサーチ
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類