このページは、 のページにあったものを引き継いでいます。
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類
 
畳句法 じょうくほう gemination
『とある魔術の禁書目録(インデックス)』1巻44ページ(鎌池一馬[原作]・近木野中哉/スクウェア・エニックス ガンガンコミックス)
インデックス おなかへった
おなかへった
おなかへった
おなかへった
って言ってるんだよ?」
『とある魔術の禁書目録(インデックス)』1巻44ページ
(鎌池一馬[原作]・近木野中哉[作画]
/スクウェア・エニックス ガンガンコミックス)


定義重要度

畳句法は、同じ(または、「ほぼ」同じ)フレーズをくり返すレトリックです。


効果

効果1おなじフレーズをくり返すことで、強調をする

このレトリックの効果は、おもに伝えたいことの強調です。これは、同じことばがくり返される「反復法」に分類されるレトリックに共通したものだ、ということができます。
:強調、強い、強まる、強める、強化、増強

使い方
使い方1同じ句を、何度もくり返す

「畳句法」でくり返されるのは、フレーズです。つまり、いくつかの単語がくっつくことで「フレーズ」が生まれる。これを何回もくり返すことで、「畳句法」となります。




例文を見るその1例文を見る(末尾)

はじめの画像は、『とある魔術の禁書目録(インデックス)』1巻から。

主人公は上条当麻。
ある日の朝のこと当麻は、住んでいるマンションのベランダに目を向ける。すると、ベランダに何かが引っかかっているのを見つける。あやしく思って近づいてみると、それは女の子だった。

そのあやしい女の子は、のちに「インデックス」という名前だと分かる。

で、彼女(のちに「インデックス」という名前だと分かる)が言うには、
インデックス おなかへった
おなかへった
おなかへった
おなかへった
って言ってるんだよ?」
と、「おなかへった」が4度も出てくる。これが、「畳句法」というわけです。

このばあいには、「インデックス」の気持ち、
おなかへった
を強調したモノになっています。



例文を見るその2例文を見る(末尾)

——短編「ハート型バクダン」 『ラブリーニュース』140ページ所収(藤井明美/集英社 マーガレット コミックス)
ハルちゃんなんか
 ハルちゃんなんか

 ハルちゃんなんか
 ——————っっ
——短編「ハート型バクダン」
『ラブリーニュース』140ページ所収
(藤井明美/集英社 マーガレット コミックス)
つぎの例文は「ハート型バクダン」(『ラブリーニュース』所収)。

新しくバイトとして入ったのが、主人公の深浦有生という女の子。

彼女がバイト先に選んだところで副主任をしているのが、塚田晴哉という男の人。有生は、晴哉こと「ハル」のことが、子供のころから大好きだった。

その恋の強さは、ふつうではない。なんと「今までに5回告って 5回とも『カノジョがいる』ってフラれた」(122ページ)のにもかかわらず、それでもアタックするという強さ。6歳の年の差なんて、全く気にしない。

で、6回目の告白する。しかし、
「おまえ以外の若くてピチピチのオンナノコなら大歓迎だね」
「あーうるせーっ とっとと仕事戻れ」
(138〜139ページ)
と言われ、みごとに玉砕。

その玉砕した結果が、引用のシーン。
ハルちゃんなんか
 ハルちゃんなんか

 ハルちゃんなんか
 ——————っっ
と、「ハルちゃんなんか」と同じ文をさけんでいるのが、「畳句法」にあたります。



例文を見る例文を見る(末尾)

もっと、異様なほど何度も繰り返されているものとして、『美鳥の日々』(井上和郎/小学館 少年サンデーコミックス)の、4巻183ページ。

設定を説明すると長くなる。だけれど、場所の関係で必要な情報だけを説明すると、こんな感じになる。

真行寺耕太は高校1年生。不良に捕まっているところを、このマンガの主人公である沢村正治という高校2年生に助けられる。以来、耕太は正治のことを尊敬…、というよりは「好きになってしまった」のです(書くまでもないけど、耕太も正治も「♂」なんだけど)(2巻121ページあたり)。

そんなある日。耕太はちょっとした用事で、正治の家を訪ねる(この「ちょっとした用事」のほうがこのマンガの主題なのだけど)。
そこで、話しの流れで、耕太は正治の家に泊まることになる。正治のとなりで寝るという耕太にとっての緊張のシーンが、ひたすら「畳句法」で書かれています。
さ…
沢村さんと… 沢村さんと… 沢村さんと… 沢村さんと…
沢村さんと… 沢村さんと… 沢村さんと… 沢村さんと…
沢村さんと… 沢村さんと…」
(4巻183ページ)
これ、10回も繰り返している。こんなにくり返しているのは、やっぱり緊張感を「強調」するためでしょう。
私の目から見ると『美鳥の日々』も、レトリックがたくさん使われているマンガです。



レトリックを深く知る
深く知る1「畳句法」と「畳音法」「畳語法」との関係
畳音法」→「畳語法」→「畳句法」という順番で、くり返す言葉が大きくなっていきます。

深く知る2「gemination」と「epixeuxis」との違い
訳語の「gemination」について。

あえて、「畳句法」と「畳語法」とのあいだに、
  • 畳句法 : フレーズのくり返し。つまり、文とか句とかを反復するばあい
  • 畳語法 : ことばのくり返し。つまり、単語とかを反復するばあい
といった区別をつけるなら。
  • 畳句法 → gemination
  • 畳語法 → epizeuxis
というレトリック用語を対応させるのが、ふつうのようです。

たとえば。
『OED』では“epixeuxis”について、“... a word is repeated...”という説明になっています。「1つの単語(a word)」というふうに単数形で書いてあります。

このことからすれば。
“epixeuxis”というレトリック用語が使われるのは、「単語」の反復に限られる。そのように考えられているのだと思われます。

また。
『一般修辞学』とか、『美学』(バウムガルテン[著]、松尾大[訳]/玉川大学出版部)あたりを参考にしたところ。同じように“epizeuxis”は「単語1つのくり返し」、“gemination”は「フレーズ(語群)のくり返し」と分けているようです。

深く知るa「gemination」という用語の領域
とはいっても。
「gemination」というレトリック用語も、「epizeuxis」というレトリック用語も、たいして違いはありません。なので、「gemination」というレトリック用語でもって、「フレーズのくり返し」と「ことばのくり返し」の両方を含めるほうが一般的です。

深く知るb「gemination」のスペルについて
「gemination」は英語っぽいスペルの書きかたです。「geminatio」というふうに「n」を書かないとラテン語っぽいスペルになります。ですが、どちらであっても同じものです。こんにちでも、「geminatio」というスペルのほうも、よく使われています。





レトリックの呼び方

呼び方 畳句・畳句法



別の意味で使われるとき

「子音が重なっている」という意味の「gemination」

この「gemination」という単語。じつは言語学では、べつの意味で用いられています。言語学では「gemination」でもって、「子音が重なっている」というようなことを表します。漢字で書くと、「二重子音化」とかいったことになります。

たとえば、「勝った」とか「売った」ということばを発音するときに「t」という子音がダブって出てくる。こういったものを言語学では、「gemination」といいます。

ですが。

このサイトで説明している「gemination」というヤツは。あくまで、レトリック用語のほうの「gemination」です。



関連レトリック

反復法畳音法畳語法隔語句反復復言法類義累積回帰反復首句反復結句反復首尾語句反復前辞反復おうむ返し交差配語法トートロジー循環論法異義復言同綴同音異義類音語反復疑惑法

参考資料

●『日本語の文体・レトリック辞典』(中村明/東京堂出版)

「畳句法」について、かなりくわしく書いてあります。「畳語法」とは別に「畳句法」を紹介している本は、それほど多くありません。その中で、かなり「畳語法」に力を入れて説明が書かれているのは、この本多と思います。



余談

余談1『美鳥の日々』の作者について

ひとつ、『美鳥の日々』の作者について。

この『美鳥の日々』を描いた井上氏は、かなりの知識人だと思います。

例えば、7巻で「ケンカ野球」をする場面(7巻・DAYS 69)。
対戦しているチームの名前は、「腐露威吐」と「苦璃無斗」というチームです。暴走族のグループ名みたいな、無理矢理の当て字です。そして、「腐露威吐」は「フロイト」、「苦璃無斗」は「クリムト」という読みかたをします。

ですがこの「フロイト」と「クリムト」というのは、実在の人の名前なのです。2人とも、19世紀のドイツ語文化圏の人です。
「フロイト」はまだ有名だとしても、「クリムト」の名前がさりげなく出てくるあたり、かなりの教養のある人だと思います。

あと、『葵DESTRUCTION!』の主人公「葵」が、抜け目なく『美鳥の日々』に登場したりしています(7巻DAY70)。自分の描いた作品の登場人物を、他の作品でも登場させるというのは、よくあることなのかな?


このサイト全体からのサーチ
 
「使う目的別のページ」の中からサーチ
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類