このページは、 のページにあったものを引き継いでいます。
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類
 
畳語法 じょうごほう epizeuxis
——『僕は妹に恋をする』2巻151ページ(青木琴美/小学館 少コミフラワーコミックス) 頼なんか
大嫌い!!

大嫌い
大嫌い
大っ嫌いっ!!

嫌い
大っ嫌い!

大嫌い…

大っ嫌い!!
——『僕は妹に恋をする』2巻151ページ
(青木琴美/小学館 少コミフラワーコミックス)


定義重要度

畳語法は、同じ表現のことばを続けるレトリックです。つまり、同じ(もしくは「ほぼ」同じ)のことばを、つづけていくつも並べてくり返すレトリックです。いちばん基本的な「反復法」にあたります。


効果

効果1言葉を連続することで、強調する

「畳語法」では、伝えるときに言葉を連続するだけで、強調ができます。なので、わりとよく見かける「レトリック」です。
:強調、強い、強まる、強める、強化、増強
効果2音が何度もくり返されることで、リズム感が出る

リズム、調子
:リズム、リズミカル、快調、律動的、調子、ペース、流れ、強み、口調、語調、音楽的、快い、心地よい、楽しい、愉快、快感、軽快、音感、感じる、感受
効果3感情に訴えることで、強調をする

同じ単語を何度もくり返すことで、強く感情に訴えることができます。
:感情的、感情
効果4何回も同じことばがくり返されるので、理解を助け深めることができる

同じ単語が何度も反復されるので、受け手(聞き手・読み手)に理解をうながすことがdけいます。
:理解、分かる、解する、通じる、分かり、解せる、通じ、わきまえる、心得る、うなずける

使い方
使い方1作りかたは、カンタン

同じ単語を、何度も連続して使う。ようするに、それだけです。



例文を見るその1例文を見る(末尾)

引用は、『僕は妹に恋をする』2巻です。

「郁」と「頼」とは、双子の兄妹。だけれども、お互いに恋愛感情をもっている。

で、そんななかで「頼」は、「友華」という女の子に導かれるようにして、キスをしてしまう。そのことを「郁」が怒っているのが、引用のシーンです。

とにかく、
大嫌い
という言葉がくり返されています。そのバリエーションは、いろいろとそろっていますが、言いたいのは「大嫌い」ということです。
なので、これは「畳語法」と考えることができます。

その効果は、「大嫌い」だということの「強調」です。「畳語法」やそれに近いレトリックは、くり返すことによって「強調」をする場合がほとんどです。

この兄妹の関係は、実際には「嫌い嫌いも好きのうち」という関係なのですが。



例文を見るその2例文を見る(末尾)

ただし、この「畳語法」が単に強調のためだけに使われている場合もあります。

例えば、『もっといけいけ!バカオンナ』(鈴木由美子/講談社 コミックスキス)。

同棲している男(コウジ)に対して「なーんか もぉあたしたち 別れたほうがよくない?」と言う(92ページ)。
するとコウジは、「そうだなっ しばらくはなれていたほうがいいかもなっ」と同棲している部屋を出ていく準備を始める。
その行動に対して、
コウジ行っちゃやだ〜〜っっ
やだ やだ やだ
やだ やだ
(93ページ)
というように、「やだ」という言葉が5回もくり返されています(いや、6回か?)。これは、「いやだ」ということを強調したものです。こういう、強調するだけの「畳語法」というのもあります。



レトリックを深く知る

深く知る1他のレトリック用語との関係

深く知るa「畳語法」と「畳音法」「畳句法」との関係
このタイプのレトリックは、「畳音法」→「畳語法」→「畳句法」という順番で、くり返す言葉が大きくなっていきます。

深く知るb「畳語法」と「隔語句反復」との関係
隔語句反復」というレトリックがあります。これは、「間をおいて」何度も同じことばを反復するものです。詳しくはそちらを参照して下さい。





レトリックの呼び方

呼び方 畳語法・畳語
呼び方 重複法、重語法、同語連続反復、畳句、エピジュークシス、エピゼウクシス


関連レトリック

反復法畳音法畳句法隔語句反復復言法類義累積回帰反復首句反復結句反復首尾語句反復前辞反復おうむ返し交差配語法トートロジー循環論法異義復言同音同音異義類音語反復疑惑法

参考資料

●『日本語解釈活用事典』(渡辺富美雄・村石昭三・加部佐助[共編著]/ぎょうせい)

この本は、「畳語」を色々な面から解説してあります。たとえば、「うすうす」「よくよく」といった短い反復を畳語法に含めるか、などの解説があります。
●『日本語の文体・レトリック辞典』(中村明/東京堂出版)

「畳語法」については、この本がくわしいと思います。「畳語法」を使ったばあいの効果についても、述べられています。


このサイト全体からのサーチ
 
「使う目的別のページ」の中からサーチ
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類