このページは、 のページにあったものを引き継いでいます。
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類
 
奇先法 きせんほう ——
——『新世紀エヴァンゲリオン』4巻102〜103ページ(貞本義行・GAINAX/角川書店 角川コミックス・エース)
シンジ あの 加持さん
ミサトさんは?」
加持 あいつは今夜
晩メシ ヌキだろ
責任者は
責任取るために
いるんだからな

(書類の山) ドサッ
ミサト …………」
リツコ 関係各省からの抗議文と
被害報告書は
それで全部よ
あとこれが
UNからの請求書」
——『新世紀エヴァンゲリオン』4巻102〜103ページ
(貞本義行・GAINAX
/角川書店 角川コミックス・エース)


定義重要度

奇先法とは、最初に奇言を示して注意を引き、あとに説明して納得させる表現法です。はじめに、相手が「おやっ」と思うことを述べ、あとから事情や理由を説明して納得させるレトリックになります。


効果

効果1意表に出ることによって、強烈な先制パンチの効果がある

まずはじめに、受け手(聞き手・読み手)に奇抜なことばを投げつける。そのあとで、納得のできる理由を示す。このように意表に出ることによって、強烈な先制パンチの効果があります。
:意表、思いがけない、思いもよらない、思いの外、図らずも、心外、不測、不意

使い方
使い方1まず、結論を突きつけて、人を驚かせる

まずはじめに結論だけを突きつけて、人を驚かせます。この「結論」というのは、なるべく考えつかないようなものを使うのがベターです。
:驚かす、驚く、驚き、はっとする、息をのむ、驚嘆、あっといわせる、注意を引く、着意、気づかせる、気を回す、留意
使い方2その上で、その根拠や説明を示して、納得させる

その上で、その根拠や説明を示して、納得させます。この「根拠」というのは、なるべく考えつかないような、それでいて十分な納得のできるものであるということが重要です。
:説明、説く、根拠、理由、納得、分かる、知る、察する、解する、解せる、悟る、うなづく、飲みこむ



例文を見る例文を見る(末尾)

引用は『新世紀エヴァンゲリオン』4巻。

「エヴァンゲリオン」のパイロットが、シンジ。そして、その指揮をしているのがミサト。

とある戦闘でのこと。ミサトが指揮をしておこなわれた戦闘で、シンジたちパイロットがミス。そのことをあまり重要だと考えていなかったシンジは「ミサトさんは?」とたずねる。すると、その返事が
責任者は
責任取るために
いるんだからな
という、ナゾめいた答え。

でもその次のコマを見ると、山積みになった文書にかこまれたミサトの「…………」というダンマリ状態が見られる(このダンマリ自体は「頓絶法」にあたる)。

そして、そのダンマリの理由をリツコが教えてくれています。このリツコのセリフ部分が「後に説明して納得させる」ところにあたります。



レトリックを深く知る

深く知る1ほかのレトリックとの関係
深く知るa「奇先法と」と「警句」との関係
「警句」との関係でいうと、
  • 短い警句表現のあとに、その説明・理由のあるものが「奇先法」
  • 短い警句表現だけで、その理由などは書いていないものが「警句
というふうに分けることができます。しかし、「短いことばで真理を鋭くつく」という点は、両方とも似たような効果が出ます。

なお。
『新世紀エヴァンゲリオン』では、
  • 「潔癖症はね、辛いわよ。人の間で生きていくのが。汚れた、と感じたとき分かるわ。それが。」(5巻37ページ/アニメでは14話)
などなど、「奇先法」とか「警句」といったレトリックが多く見られます。このレトリックが特に多いのがアニメのほうで、多すぎるあまり、すこし説教くさくなっているほどです。

深く知るb「なぞかけ」との関係
なぞかけ」というのは、「〜とかけて〜と解く、ココロは〜」というかたちの「ことば遊び」です。

この「なぞかけ」との関係でいうと、
  • たくみに鋭く真理をいうのが、「奇先法」
  • 「ことば遊び」としてもちいられるのが、「なぞかけ
と区別ができます。ですが、ばじめに出てくることばが奇抜なものであるという点は、ともに似たものです。




レトリックの呼び方

呼び方 奇先法


関連レトリック

警句成句なぞかけ

参考資料

●『レトリックのすすめ』(野内良三/大修館書店)

『レトリックのすすめ』という、入門書の感じがする本のタイトル。ですが、「奇先法」について、かなりくわしく書かれています。同じ者の『日本語修辞辞典』(野内良三/国書刊行会)も、あわせてご参照ください。
●『日本語の文体・レトリック辞典』(中村明/東京堂出版)

例文をいくつもあげて、分かりやすい説明がされています。例文とともに読みすすめると、理解しやすいのではないかと思います。


このサイト全体からのサーチ
 
「使う目的別のページ」の中からサーチ
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類