このページは、 のページにあったものを引き継いでいます。
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類
 
語中音添加 ごちゅうおんてんか epenthesis
————『生徒会の一存 にゃ☆』1巻22ページ([原作]葵せきな・[漫画]水島空彦/角川書店 角川コミックス・エース)
司会 それでは生徒会長の
お話です」
桜野くりむ
(生徒会長)
み みなしゃん
生徒一同 あ か
かんじゃった)
くりむ みなしゃ…っ
しゃ…さん

ごきげんよう」
気候もめっきり
ポカポカと…
新緑が…ええと」
——『生徒会の一存 にゃ☆』1巻22ページ
([原作]葵せきな・[漫画]水島空彦
/角川書店 角川コミックス・エース)


定義重要度

 
語中音添加は、単語の途中に音を差し込むというものです
 (このサイトでは、歴史的変遷としての「語中音添加」については基本的には扱いません。)


効果

効果1発音をカンタンにすることができる

語中音添加では、単語の中心に音を加えます。このことによって、発音がカンタンになります。多くのばあい語中音添加は、間違いやトリチガエの時に生ずるものなので、マイナス面にばかりを考えがちです。けれども、この語中音添加によって、発音が楽にできるようになるのは確かです。
:(発音を)カンタンにする、容易に、なめらかに、スムーズ、手軽に、単純に
効果2詩に使われている効果を引き出す

詩の効果を高めるために、この「語中音添加」が使われることがあります。
:詩的、詩
効果3新語を作り出す

単語の中心に音を加える。このことは、いままでの単語とはべつの意味の言葉をあらわすことになります。ですので、「語中音添加」によって作られた単語は、一種の新語ということが言えます。
:新語、新造語法
効果4子供っぽい登場人物が使っているような雰囲気が出る
  子供はしばしば、「語中音添加」に分類されるような言い間違いをすることがあります。これは、子供のうちはまだ、言葉を話すのに使われる部分の発達が完成していないためです。そのため、「語中音添加」のような発音になってしまいがちということになるのです。このことから、「語中音添加」を使って話している人は、幼い子供であることも多くあります。
:幼い、いとけない、幼少、幼稚、子供、子供じみた、児童、幼児 

使い方
使い方1音を単語の中に入れる

ここでは、「トンビ」という単語を例にします。この「トンビ」という単語は、もともと「トビ」だったはずです。しかし、早口ことばのように何度も使うと言いづらい。そこで「ン」の音を挟み込むことによって言いやすくする。これが、基本的な使い方です。




例文を見るその1例文を見る(末尾)

今回の画像は、『生徒会の一存 にゃ☆』から。

ここは、私立碧陽学園。そして、今まさに舞台へと歩いてきたのが、生徒会長の「桜野くりむ」。くりむは3年生だけど、ちっちゃい。でも生徒会長。

それは置いておいて。
くりむの「かんじゃった」のが、「語中音添加」ということができます。

正式な記号で説明するのがメンドウなので、ローマ字で説明させてもらいます。
みなさん→   minasann
みなしゃん→  minasyann
といったぐあいになります。ローマ字の「y」がつけ加えられています。

ですので、くりむのセリフは「語中音添加」だと言えます。

(まあ実は、音素の正式な記号で書いても、あまり大きな違いはないのだけれど)



レトリックを深く知る

深く知る1「語中音添加」に近いレトリック用語
このページであつかっているのは「語中音添加」です。この「語中音添加」には、仲間のようなレトリック用語が2つあります。それは、「語頭音添加」と「語尾音添加」の2つです。

つまり、単語の先頭に音が加えられると「語頭音添加」、単語の途中に音が加えられると「語中音添加」、そして単語の最後に音が加えられた場合には「語尾音添加」となります。





レトリックの呼び方

呼び方 語中音添加
呼び方 語中音付加・音中字挿入


関連レトリック

あだ名、指小辞、接尾辞法接頭辞法新造語法、路頭音添加、語尾音添加、音添加、幼児語

参考資料

●『現代言語学辞典』(田中春美[編集主幹]/成美堂)

「語中音添加」についての説明文の長いもの。それを探してみると、この本だと思われます。(上の方で書いた)「トビ」→「トンビ」の説明も、この本に載っていたものです。


このサイト全体からのサーチ
 
「使う目的別のページ」の中からサーチ
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類