このページは、 のページにあったものを引き継いでいます。
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類
 
類義区別 るいぎくべつ distinctio, paradiastole
『星界の戦旗II—守るべきもの—』29ページ(森岡浩之・宮越和草・サンライズ・WOWOW/メディアワークス 電撃コミックス)
ジント 気に入らないようだね」
ラフィール
何故そう思うんだ?」
ジント いやあ… 何となく」
ラフィール 別に気に入らない
わけじゃない!
ただ気が進まないだけだ!」
ジント なるほど」
サムソン さてこの二つの言葉には
どれだけの隔たりが
あるんでしょうかね…」
ソバーシュ さあ 私なら
そんな些事には
こだわらない事にするね
身の安全のために」
『星界の戦旗II—守るべきもの—』29ページ
(>森岡浩之・宮越和草・サンライズ・WOWOW
/メディアワークス 電撃コミックス)


定義重要度

類義区別は、似ている言葉を、はっきりと区別して使うレトリックです。
つまり、うっかりしていると「同じ意味だ」と受けとられてしまいそうな2つのことばを、並べることによってハッキリと区別する表現です。


効果

効果1何か主張があるばあいに役立つ

なにか考え方や主張があるばあい。今までの考えかたをズラすために使うことで、新しい考えかたであることをとか、アピールすることができます。
:主張、言い立てる、言い通す、言い張る、考えかた、思考、思想、アピール

使い方
 

 
使い方1細かい違いに注目する

 
ほんとうは細かい違いにすぎないようなこと。だけれども、わざと2つの考えを比較して、そのあいだの距離を強調するといったことすることができます。
:距離、距たり、(違いが)細かな、細かい、微細な、ささやかな違い、僅か、ささい、小さい、小さな、瑣末な、多義性、曖昧、ほとんど同じ
使い方1その細かな違いをハッキリ区別する
 
 
似かよっている、ことば同士。その2つのことば同士であっても、少しは違いがあるはずです。その違いを明らかにするのが「類義区別」です。
:ハッキリした違い、明晰、明白、明瞭、瞭然、あらわ、鮮明、鮮やか、極端、峻別、ことさら、目立つ、引き立つ、光る、きっぱり、明確、的確




例文を見る例文を見る(末尾)

上の引用は『星界の戦旗II』1巻から。

星界軍と人類統合体との、2つの勢力があるという世界。そして、この星界軍と人類統合体とのあいだで、戦闘がはじまる。
登場人物のラフィールやジントたちは、星界軍の一員として戦いに参加している。

そんななかでの戦況は、圧倒的に星界軍のほうが優勢。そのため、さまざまな地域を星界軍のものにしていく。
が、そのときに、それぞれの占領した星での「領主代行」を決めておかなければならないことになる。

それが引用の場面です。

「領主代行」は皇族か貴族でなくてはならない、という決まりがある。で、ラフィールは皇族で、ジントは貴族(伯爵)であるために、その役が回ってくる。それに対してのラフィールの言葉、
別に気に入らない
わけじゃない!
ただ気が進まないだけだ!
というところを「類義区別」と見ます。

さて、皆さんは、「気に入らない」と「気が進まない」との間にどれくらいの違いを感じるでしょうか。
サムソンも「どれだけ隔たりがあるのでしょうかね…」と言っています。

ですが、ラフィールは明確に分けて「気に入らない」ではなくて「気が進まない」なんだ、と言っています。

このように、似通った言葉を明らかに区別して並べて使うレトリックが「類義区別」です。



例文を見る例文を見る(末尾)

『ラグーンエンジン』(杉崎ゆきる/角川書店 あすかコミックス)
(
ある日、
おれのクツ箱に
ラブレターが
入っていた
。」
——じゃなくて、
恋文が
入っていた
。」)
『ラグーンエンジン』
(杉崎ゆきる/角川書店 あすかコミックス)

この「類義区別」が使われている例を、もう1つ見つけることができました。それは、『ラグーンエンジン』(杉崎ゆきる/角川書店 あすかコミックス)の1巻。

このマンガの主人公は、「等軍焔(らぐんえん)」と「等軍陣(らぐんじん)」の兄弟。彼ら兄弟の家は、代々「凶(マガ)」と呼ばれる悪霊とか幽霊とかを退治している。

…と、いつもなら説明を続けます。ですが、今回見つけたものは、このストーリーと直接には関係していないので、あとは省略させていただきます。

で、「類義区別」が使われていたのは、こんな文。
ある日、
おれのクツ箱に
ラブレターが入っていた。」

——じゃなくて、
恋文が入っていた。」
というわけで、「恋文」を手にした、兄の「焔」。なんで、「ラブレター」ではなくて、「恋文」なのか。それは、その恋文に書いてあることばが、
等軍焔様

お慕い
申し上げております。
という、古風な文体で、しかも筆で書かれたものだったから。

それにしても、「ラブレター」と「恋文」とは、意味としては違いがないはずです。ただ、あまりに古風なので、「ラブレター」という「外来語」を使うのではなくて、「恋文」という現在ではほとんど使われなくなったことばを使った。
というわけで、この引用した「ラブレター/恋文」も、「類義区別」と言えるでしょう。

なお、蛇足ながら。

本当に、本物の「古風な恋文」ならば、「お慕い申し上げております。」とは書かないはずです。
それは、物知りな方ならば気がつくはずです。つまり、
むかし、手紙の文章には、句読点「、」「。」を使わないという習慣があった
はずだからです。現在でも、目上の人に対しては、句読点「、」「。」を使わないのが正式な手紙です。もはや、この習慣も薄れてきていて気にする必要がないとも思いますが。

まあ、ようするに、句点「。」を使っているこの手紙には違和感があるのです。だって、筆で書かれた古めかしい手紙なのに、句点「。」が打ってあるから。

まあ、実はこの手紙は…。
…いや、私が書くのはやめておきます。みなさんは『ラグーンエンジン』を読んで、確かめてみてください。




例文を見る例文を見る(末尾)

ほかには、『のだめカンタービレ』(二ノ宮知子/講談社 コミックスKiss)1巻から。

「のだめ」がピアノで演奏する、 ベートーヴェンのピアノソナタ「悲愴」。その独特の弾きかたについて、千秋はこのように言っている(20ページ)。
デタラメだけど、間違ってるんじゃない
そりゃあ「デタラメ」と「間違っている」とは、同じことばではないけれども。ここにも、「類義区別」っぽいものがある。



レトリックを深く知る

深く知る1「類義区別」は多い

そういったわけで。
この「類義区別」というレトリックの技術を、実際にコミックの中で使っている本。それは、それこそ枚挙にいとまがありません。

それなのに、この「類義区別」というレトリック用語はマイナーなのです。googleで「類義区別」を検索すると、そのマイナーぶりが一目でわかります。だって、ヒットが5件なんだもの。しかも、そのうち2件は、このサイトだし(2007年5月現在)。

だからといって、「類義区別」に別の有名な呼びかたがあるとは聞いたことがないし。

まあ、いいんです。「類義区別」はコミックスであっても、いくつも見つけることできる。そのことが、分かっていただけたと思うので。

深く知る2「愛称語」と「換喩」との関係

この「類義区別」に関連して。
『日本語レトリックの体系』には、「微差拡大」というレトリックが用意されています。

これは、
ふつうに見ていると似たように思われる2つの言葉のあいだの違いを、極端に強調して、その違いを目立たせるレトリックである
と説明されています。

ですのでこの「微差拡大」は、「類義区別」とほぼ同じものだと考えていいでしょう。




レトリックの呼び方

呼び方 類義区別
呼び方 微差拡大
呼び方 多義識別・ディスタンクシォン・分別法・区別(法)


関連レトリック

誇張法過大誇張法過小誇張法緩叙法(広義の)虚言、極言、印象強調、過小言辞、感嘆法古語法

参考資料

●『日本語の文体・レトリック辞典』(中村明/東京堂出版)

日本語の例文が載っているいます。日本語での「類義区別」を知るのには大事な本です。なおこの本では、「微差拡大」という用語が使われています。



余談

  
余談1「アーヴ語」での会話を説明するための「フリガナ」

なお、「人工言語」での注意書きと同じく。

上で引用した「ラフィール」「ソバーシュ」たちは、「アーヴ」と呼ばれる(人間に似た姿をした)生命体です。ですので、この「ラフィール」と「ジント」とのあいだの会話では、「アーヴ語」という言葉で交わされています。

そしてこの本では、そのアーヴ語流の言い回しが「フリガナ」として(カタカナで)書いてあります。

しかし、いちいち「星界軍」に「ラブール」、「帝国」に「フリューバル」といったアーヴ語の「フリガナ」を忠実に書いていったら、すさまじく読みにくくなります。また、手間もかかります。ですので、アーヴ語流の言い回しとして書かれている「フリガナ」については、このページでは省略して書いていくことにします。

なお、
  • アーヴ語がどんなものかを見てみたい人は、「人工言語」のページに行くと見ることができます。
  • 「フリガナ」に通常の読み方と異なるものが振られているという点については「添義法」を参照して下さい。
以上が、おわびとご注意です。
   余談2「個人的な意見」——小説を読んで欲しい。
   
 あと、個人的な意見としては。

もしも、まだ『星界』シリーズを楽しんでいないのだとしら。
早川書房から出版されている「文庫版(ハヤカワ文庫)」の原作のものから読んでほしいというのが私の希望です(「人工言語」のページでも同じことを書きましたが)。

『星界』シリーズは、アニメやマンガ、ドラマCDなど、いろいろな方面に「メディアミックス」しています。

しかし、いちばん原点にあって読者を引きつけるパワーがあるのは、ハヤカワ文庫版の『星界の紋章』と『星界の戦旗』だと思います。
ですから、興味のある方は「ハヤカワ文庫」からスタートして下さい(ちょうど作者が遅筆なのでやや古い本になっているので、中古ならば1冊100円くらいで手に入れることができるかもしれないし)。


このサイト全体からのサーチ
 
「使う目的別のページ」の中からサーチ
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類