このページは、 のページにあったものを引き継いでいます。
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類
 
接離法 せつりほう disjunctive
——『美!!』1巻159ージ(織田綺/小学館 少コミフラワーコミックス)
なんだよー
逃げるなよー
負け犬♥」
むっちゃん 誰がだ!!」
逃げたくも
なるかな?
むっちゃん僕に
勝ったこと
ないもんねえ
幼稚園のオモチャの取り合い
から始まって運動会のリレー学年
のアイドルななこちゃんとの仲
みよこちゃんとゆりかちゃんもか
絵画コンクール弁論大会読書感想
発表の賞カンケイ多数テストは
すべて学年トップ独走だし陸上
競技水泳武道その他スポーツもただ
の一度もキミには負けたことないし
かろうじて素もぐりでキミが勝ちそ
うになったけど僕の卑怯な手にまん
まとはまって負けちゃってあーほ
んとに数え上げたらキリがないけ
ど数えてあげようか?
むっちゃん いちいち
覚えてんじゃ
ねえよ!!」
——『美!!』1巻159ージ
(織田綺/小学館 少コミフラワーコミックス)


定義重要度

接離法は、句読点(「、」や「。」)をつける場所を、変えるというものです。つまり、いろいろな効果を狙って、文法の上ではルールとなっている文の切り方を変えるものです。


効果

効果1口調をよくする

文を読んでいるときに、句読点(「。」や「、」)がある。すると、息つぎなどで間をあけるはずです。このように間をあけることで口調をよくするのが、この「接離法」です。
:口調、歯切れ、語呂、調子、語調、リズム、音律、旋律、リズミカル、テンポ、音調
効果2イレギュラーな場所に句読点があるため、その部分に注意を引かれる

ふだんとは違う句読点があることによって、その部分に注意を引かれることになります。これは、どのくらい平均から離れれば「接離法」になるかについては、断定は難しいものがあります。結局、あるていど日本語の文章を読み書きした人が違和感を覚るばあい。そんなときには「接離法」といってかまわないと思います。
:注意を引く、興味、関心、目を止める、注目

使い方
使い方1句読点を使って、ふつうならば切らないところを切る

「接離法」のパターン1。句読点を使って、ふつうならば切らないところを切るのが「接離法」になります。
使い方2ふつうならば切るところを、句読点で切らない

「接離法」のパターン2。ふつうならば句読点を使って切るところを、切らない。これも「接離法」となります。



例文を見るその1例文を見る(末尾)

例文は『美!!』1巻から。

主人公は、竹林真という女の子。…なのだけれども、引用したシーンには登場していません。なので、真についての説明は省略します。

ここでメインとなっているのは、むっちゃんと陸。ちなみに彼ら2人は、主人公の真と同じ「美研」なる部に所属している。そして同時に、むっちゃんと陸は兄弟でもある。

で。
ここで話題となっているのは、「むっちゃんは、いつも陸に負けてばっかりで、すぐ逃げる」というようなこと。
なんでこんな話になっているのかというと。実は、むっちゃんと陸は、真をめぐって三角関係(?)となっている。ほんとうは、ちょっと違うのだけれども、ここでは踏みこんで説明はしません。

そいでもって。陸が言うには、いつも自分はむっちゃんに勝っている。その例となるようなエピソードを、これでもかというほど並べているのが引用のシーン。

たしかに、「あれもこれも」と並べることについては、「敷衍」というレトリックになります。だけれども今回のは、「接離法」として引用をしました。

このシーンを「接離法」として引用したという理由。それは、どうみても「スペース(空白)」が足りない。ひたすら、ふつうの文字だけが並んでいるからです。

ためしに、もしも句読点(「、」「。」)をつけたら、こんな感じの文章になります。
幼稚園のオモチャの取り合いから始まって、運動会のリレー学年のアイドル、ななこちゃんとの仲。みよこちゃんと、ゆりかちゃんもか。
絵画コンクール、弁論大会、読書感想発表の賞カンケイ、多数テストはすべて学年トップ独走だし、陸上競技、水泳競技武道、その他スポーツもただの一度もキミには負けたことないし。
かろうじて、素もぐりでキミが勝ちそうになったけど、僕の卑怯な手にまんまとはまって負けちゃって。
あー、ほんとに数え上げたらキリがないけど、数えてあげようか?
これと比べてみれば。引用したセリフは、文字だけがありすぎることが分かります。

このように、スペース(空白)が少なすぎることによって「文の区切れが足りない」なもの。こういったものを、このページでは「接離法」として紹介しておきます。

なお。
引用したセリフは、いくつか「改行」しているところに変なところもあります。

たとえば、
・・・あーほ
んとに・・・
というところ。「ほんと」ということばが「改行」によって、「ほ」と「んと」の2つに分けられてしまっています。これは大きく考えれば、不自然な場所で区切られているといえます。ですので、このあたりも「接離法」と見てもよいかもしれません。



例文を見るその2例文を見る(末尾)

――『けんぷファー』1巻92ページ ([原作]築地俊彦・[キャラクター原案]せんむ・[作画]橘由宇/メディアファクトリー MJコミックスアライブ)
西乃 先輩!!」
生徒会室に行くには
どうしたら
いいでしょうか?
届け物があるんですけど
私場所がわからなくて
私まだこの学院のこと
よくわかってないんで
詳しい先輩に教えて
ほしいと思ってるんですが
先輩みたいな格好いい人に
案内してもあれると
すごく嬉しいんですけど
ナツル いや…他の人にきいたほうが」
――『けんぷファー』1巻92ページ
([原作]築地俊彦・[キャラクター原案]せんむ・[作画]橘由宇
/メディアファクトリー MJコミックスアライブ)
すぐ右に引用した画像は、『けんぷファー』1巻から。

話の設定は、とりあえず無視。このシーンのうち、「接離法」に関するところを書いておきます。

ナツルは校舎を歩いている。そのとき、一人の生徒と出会う。あとで「西乃ますみ」という名前だとわかる。

その西乃は、ナツルに生徒会室へ案内してほしいと言う。

だが、そんなふうに生徒会室のことを知りたかったのかとおもいきや。話は、なぜかナツル自身のことに及んでいく。
先輩みたいな格好いい人に
案内してもあれると
すごく嬉しいんですけど
生徒会室に案内してもらうのに、格好いいかどうかは関係がないはず。

まあ、それはさておき。「接離法」にあたるのは、西乃のセリフにあたります。つぎからつぎへと、まくしたてる西乃。これが「接離法」です。

マンガでは、こんなふうに「接離法」を使っているのを、ときどき見かけます。



レトリックを深く知る

深く知る1コミックスでの「接離法」
「接離法」は、具体的には、
  1. 句読点(「、」「。」)がいらないところで、で句読点(「、」「。」)を打つ
  2. 句読点(「、」「。」)がいるところで、句読点(「、」「。」)を打たない
のどちらかにあてはまるものです。こういったものが、「接離法」となります。

…なのですが。
コミックスでは、ふつうは句読点(「、」「。」)を使いません。ナゼか、小学館のコミックスにだけは、ふき出しに句読点(「、」「。」)が出てきます。ですが、ほかの出版社のコミックスには句読点(「、」「。」)が書かれません。

というわけで。
コミックスでの「接離法」は、
スペース(文字と文字のあいだの空白)が、やたらと少ない
というパターンになると思います。

つまり。
コミックスでは、どうしても1行のうちで区切りをつけたいときには、スペース(文字と文字のあいだの空白)を空けます。それは読点「、」ではないけれども、実際のところはスペース(空白)によって文に区切りをつけています。

ですので、そのスペース(空白)が足りないということであれば、「接離法」といえるのではないかと思います。そういったわけで、このページではそのようなスペース(空白)が足りないタイプのものを、「接離法」として紹介してみることにします。

深く知る2「句読点」を打つ意義

句読点(「、」や「。」)を打つ意義は、大きく言って3つあります。

深く知るa区切るため
たとえば
  • 「すもももももももものうち」
という文は、「早口ことば」としては有名だけれども、これではどうしても読みづらい。
  • 「すももも、ももも、もものうち」
くらいの「、」を打たなければ、意味をつかみ取るのは難しい。これが「くぎる」という効果です。

深く知るb2通りに読める文をはっきりさせるため
たとえば、
  • ここではきものをぬいでください」
は、2通りの読みかたができる。やはり、
  • 「ここで、はきものをぬいでください」
  • 「ここでは、きものをぬいでください」
と、「、」を打って、1つの意味にしかとらえられないようにするべきだと思われます。これが、「2通りに読める文をはっきりさせる」ということです。

深く知るc文法ではなく、修辞的な要素をもった句読点
これが、このページで扱っている「句読点の打ちかた」です。外山滋比古氏の言葉を借りれば、
  • 読まれるときの調子、抑揚などを示す句読法
という効果をあげているものです(外山滋比古氏は「句読法」と書いていますが、「接離法」とほぼ同じものといえます)。

この3つ目の、「修辞的な要素をもった句読点」。これが、このページで扱っている「接離法」の句読点です。

深く知る3「句読点」のあいまいさ

この「接離法」、つまり「、」「。」の使いかたには、2つの大きなハードルがあります。

まず1つ目は、『国語学大辞典』(国語学会/東京堂出版)が「句読点」について述べている部分から分かります。つまり『国語学大辞典』の「、」や「。」についての説明を一言でいえば、
日本語では、文法上「、」や「。」を付けるか付けないか、厳密には決まっていない
とのことになるのです。つまり、
  • 文法上、絶対に「、」「。」が必要になるところ
  • 文法上、絶対に「、」「。」が不必要なところ
というところを断定するのは、とても難しいということです。ですので、明らかに「接離法」に当たるといえるものは、ほとんどありません。

問題点の2つ目。それは、
マンガで句点「。」を使うということは、ほとんどない
ということです。ナゼか、「小学館」から出版されているマンガには句点「。」がついている。だけれど、他の出版社のものには句点「。」がついていないのです。

このような2つの理由があるので、例文があまり「接離法」らしくないのは勘弁して下さい。

深く知る4「句読点」についての補足

コミックスの「タイトル」のうちで、「接離法」の感触のあるものが1つあります。それは、『「すき。だからすき」』(CLAMP/角川書店 あすかコミックス)です。

なんでまた、「タイトル」の途中に句点「。」の文字があるのでしょうか。文の最後には句点「。」はついていないのに。

深く知る5「句読点」と「弁慶読み」との関連

「弁慶読み」という「ことば遊び」があります。この「弁慶読み」というのは、読点「、」が意図しないところに打たれたことによって、変な読みかたが生まれるというものです。

有名なものでは、
今日麩の味噌汁 (=きょう、ふのみそしる)
  ↓
恐怖の味噌汁 (=きょうふの、みそしる)
といったものがあります。まあ、いまのところ「弁慶読み」のページは作っていないけれど。




レトリックの呼び方

呼び方 接離法
呼び方 句読法


関連レトリック

接離法?、弁慶読み

参考資料

●『日本の修辞学』(外山滋比古/みすず書房)

この本の第7章にある「修辞的句読」という章が、句読点を丁寧に説明しています。外山滋比古氏は英文学者です。なので、この本の解説をレトリックの目から見ると、少し方向性の違う感じを受けます。ですが、役に立つ本多だといえます。


このサイト全体からのサーチ
 
「使う目的別のページ」の中からサーチ
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類