このページは、 のページにあったものを引き継いでいます。
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類
 
定義法 ていぎほう definition
『かみちゃまかりん』1巻103〜104ページ(コゲどんぼ/講談社 KCデラックス)
和音 おまえ…
『神さま』って
なんだと思う…?」
花鈴 …えっ…
…えらい人?」
和音

5点」
民族や宗教によって
違うけど……
強力なもの
慈悲深いもの
絶対的なもの
何かを
つかさどるもの
何かを守るもの
花鈴 …守る…」
和音 いろいろあるけど
だいたいこんな
モンかな
花鈴…
あのときおまえは
指輪を通じて
神の力を借りたんだ」
——『かみちゃまかりん』1巻103〜104ページ
(コゲどんぼ/講談社 KCデラックス)


定義重要度

定義法は、ある事柄について短く説明するというレトリックです。つまり、ある物事の意味を明らかにするために、より詳しく端的に説明することを指します。


効果

効果1ストーリーの多様性を生み、ことばに広がりを持たせる

「定義法」のポイント。それは、1つのコトバが持っている色々な意味の中で、そのうちの1点に集中させることです。1つのコトバは、たいてい2つ以上の意味をもっています。「定義法」では、その意味の中で1点に集中させることにあります。
:多様性、多種、多様、多種多様、いろんな、とりどり、様々、種々、各種、各様、バラエティー、広がり、広がる、広げる、展開、拡大、拡張
効果2議論で相手を反論するのに役立つ

議論で相手を反論するのに役立ちます。議論の相手が1つのコトバで攻撃してきたとき、それに対して、その(相手が使ってきた)コトバのうち1つの意味を使って反論する。すると議論の相手は、勢いをそがれてしまうことになるのです。
:反論、言いあい、言いあう、言い争う、口論、論駁、反駁、抗議

使い方

使い方1ある事柄について、重要なことを短く説明する

話の中に登場している人や物などを、手短に知らせたい。そんなときに使うのが「定義法」です。ですので「定義法」の「使い方」としては、いちばん重要だと思われる部分を手短に言うことが大切です。
:重要、大事、大切、肝心、肝要、手短、簡約、ずばり、端的、直截、単刀直入



例文を見る例文を見る(末尾)

引用は、『かみちゃまかりん』1巻からです。

主人公は「かりん(花鈴)」という女の子。

「かりん」は両親を亡くしてしまい、さらにはペットのネコ(しーちゃん)まで死んでしまうという、不幸な境遇にいた。

そんな中で彼女は、お母さんの形見として「指輪」をつけていた。そして、その「指輪」には、なんと「神さま」になる力があるらしいということが分かってくる。

そこで「花鈴」が「和音」に対して、「神さま」とは何かということをたずねているシーン。「和音」は、「神さま」とは何かということを説明するために、「定義」というレトリックを使っているわけです。

この作品では、「神さま」の「定義」のうちで、「何かを守る」ということが、あとあと重要になっていきます。ストーリーでは「かりん」は「神さま」になったことによて、以上は「何かを守る神さま」という役割を果たすことになっていきます。



レトリックを深く知る

深く知る1「レトリックとは何か?」とかいうことではなくて
なんだか、レトリックの項目に「定義」というものがあると、「レトリックとは何か?」というようなことが書いてありそうです。つまり、「レトリックの定義」が書いてありそうな気がします。

ですが、ここで説明している「定義法」というのは、そういった「レトリックの定義」ではありません。あくまで、「定義」とか「定義法」とか呼ばれている、レトリックの分類のうちにある1つの項目です。

深く知る2「たんなる説明」とかいうことではなくて

この「定義法」は、「成句」に関係するレトリックとも結びつくことがあります。たとえば、「ことわざ」とか「名言」とかいったものです。別の言いかたをすれば、「成句」(「ことわざ」「名言」など)の中には、「定義法」という方法をとっているものがあるということです。

たとえば。
  • 「人間とは、考える葦である」(パスカル)
みたいなものです。こんなふうに、「○○とは、××である。」みたいなタイプになっている「ことわざ」「成句」には、「定義」というレトリックの要素も含まれていると見ることができます。




レトリックの呼び方

呼び方 定義法・定義


関連レトリック

引用法、語源法、技法露呈、名状不能、自己指示

参考資料

●『レトリックの意味論—意味の弾性—(講談社学術文庫 1228)』(佐藤信夫/講談社)

個人的に言えば、この本がいちばんオススメです。同じ者の『レトリック事典』(佐藤信夫[企画・構成])は事典という都合のため、平均的なことしか書いてありません。
●『レトリック辞典』(野内良三/国書刊行会)

こちらは、議論としての「定義法」が書かれています。「定義法」を意味するレトリックの項目の名前が、「定義‐議論」となっていることからも推測できます。


このサイト全体からのサーチ
 
「使う目的別のページ」の中からサーチ
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類