このページは、 のページにあったものを引き継いでいます。
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類
 
文字鎖・しりとり もじぐさり・しりとり  word chain
——『FREE COLLARS KINGDOM』1巻210ページ(藤真拓哉/講談社 マガジンZKC0119)
シャムという女。
シャム あななたちー
しりとりよー」
アー子 じゃあ
最初は 誰から…」
シャム ま●がの森!!!
アー子 …りんご
イー子 ゴースト
シャム と●のあな!!
アー子 …なすび
イー子 ビラ」(配るヤツ)
シャム らし●ばん!!!
アー子 …シャム様の
負」
イー子 負けを
認め」
シャム また
ふやけて
ますわぁ!!!
いやです
わあああ!!!」
——『FREE COLLARS KINGDOM』1巻210ページ
(藤真拓哉/講談社 マガジンZKC0119)


定義重要度

文字鎖・しりとりは、現代では「しりとり」と呼ぶのが普通の、誰でも知っているゲームです。


効果

効果1だれでも楽しむことができ、特別な知識がいらない

ルールがカンタンなので、小さな子供でも楽しむことができる遊びです。特別な知識は必要ありません。
:ルールがカンタン、手軽、単純、シンプル、やさしい、容易、平易、子供、幼児
効果2道具が必要ないし、場所も問わないでできる

しりとりは、遊ぶときに道具はいりません。また、場所を問わずどこでも遊ぶことができます。
:どこでも、場所を問わない
効果3好みに応じて、複雑なものにすることもできる

たとえば、下のほうにある深く知る3では「鉄道の駅の名前」で、しりとりを作っています。このように、何か制限を加えることで楽しくすることができます。
:制限、限る、限定、複雑、制約、コントロール

使い方
使い方1「しりとり」の遊びかたなんか、書くまでもないとは思うけれど

このゲームのルールは、説明するまでもないのですが、いちおう書いておきましょう。一般的には、前の人が言った単語のなかで、最後の音にあたるものを、次の人が言う単語での最初の音に使う。で、最後の音が「ん」になってしまうことばを言ったら負け。そういったものです。



例文を見る例文を見る(末尾)

引用した画像を見てみることにしましょう。

引用は、『FREE COLLARS KINGDOM』1巻からです。

これは、オマケのページにあたるものです。なので、作品の本筋とはあまり関連がありません。ですが、簡単に書いておくと次のようになります。

主人公は「シアン」という猫。東池袋をテリトリーにしている「フリーカラーズ」という猫のグループに所属している。

これに対して、西池袋を支配しているのが「シャム」という猫とその一派。
で、当然のごとく、2つのグループは対立関係にあります。

今回引用したのは、「シャム」と、その部下にあたる「アー子」と「イー子」です。で、3匹で「しりとり」をしています。ですが、「シャム」が言うことばは、ちょっと風変わりです。
ま●がの森!!!

と●のあな!!

らし●ばん!!!
といった具合です。西池袋には、そういった関係の店がたくさんあります。なので「シャム」は、そういった店の名前にこだわって、「しりとり」をします。結果、「らし●ばん」の最後が「ん」なので負け。



レトリックを深く知る

深く知る1「しりとり」の歴史——「文字鎖」の時代
まず、この「しりとり」というページを読むことになっているかたは、みなさん思われるでしょう。
…こんなもの、「レトリック」なのか?
それは、私(サイト作成者)にも疑問です。

けれども「しりとり」の「先祖」に当たるものは、「文字鎖」という名前で中世の昔からおこなわれている、由緒正しいものです。『古典文学レトリック事典』(國文学編集部[編]/學燈社)などの本を参考にして書いていくと、つぎのようになります。

昔から行われていた「文字鎖」は、現在の「しりとり」とは、少し違いがあります。
それでは「文字鎖」とはどういうものかというと、
「長歌の最後のことばが、次の長歌の最初にくるようにしたもの」
これが「文字鎖」です。

たとえば、「源氏文字鎖」というものがあります。これは、源氏物語の各巻のタイトルを、「しりとり」の方式でつないで覚えておくというものです。どんなものかというと、
「源氏のすぐれてやさしきは、はかなく消えし桐壺よ、余所(よそ)にも見えし帚木(ははきぎ)は、われからねになく空蝉や、やすらふみちの夕顔は、若紫の色ごとに、匂ふ末摘花(すえつむはな)の香に、錦と見えし紅葉賀、かぜをいとひし花宴、むすびかけたる草、賢木におく霜は、花散里のほとゝぎす、須磨のうらみに沈みにし、忍びて通ふ明石潟、たのめしあとの澪標(みをつくし)、しげき蓬生(よもぎう)つゆ深み、水に関谷の影うつし、知らぬ絵合おもしろや——(長いので省略して)——契りのはては蜻蛉(かげろう)を、おのがつまひの手習は、はかなかりける夢浮橋。」
というものです。

念のために説明しておくと、こうなります。まず、「源氏のすぐれてやさしきは」の最後にあたる「は」の文字が、次の「はかなく消えし桐壺よ」という文の先頭に出てくる。その「はかなく消えし桐壺よ」の終わりにある「よ」が、次の「余所(よそ)にも見えし帚木(ははきぎ)は」の最初に出てくる。以下略。

とまあ、そんな感じで、源氏物語の各巻を思い出すのに役立っていた「文字鎖」です。音節の数えてみればわかりますが、「7・5、7・5、7・5」というリズムがあるので、覚えやすいようにできています。

深く知る2「しりとり」の歴史——江戸時代の「しりとり」

上に書いたように、「文字鎖」というものが中世に行われていました。そして、これが発展して、近世には「しりとり」というゲームができました。

ですが、はじめて「しりとり」ができた江戸時代に流行したのは、こういったタイプのものではなかったようです。ではどういうものなのかというと、「ある文の最後の単語」を「次の文の最初の単語」に続けるもの。江戸時代は、こちらのほうがメインだったようです。

ですが現在では、「あることばの最後の音」を「次のことばの最初の音」に続けることをいいます。それは、だれでも知っているとは思いますけれども。

「しりとり」は、上に書いたようなことから考えて、いちおう「レトリック」なのでしょう。そういうことにしておきます。あまりツッコミをいれないで下さい。

深く知る3「しりとり」の歴史——現代の「しりとり」
そういった「文字鎖」の伝統をふまえて、話を現代の「しりとり」に戻します。

「しりとり」をもっと面白くするためには、なにかの「制限」を加えるほうがふつうです。これも、だれでも知っているとは思いますけれども。

例えば、駅の名前だけでしりとり。

私(サイト作成者)は「鉄道マニア」ではないので、自分の頭では「しりとり」が成りたたなそうです。なので、「駅すぱあと」(ヴァル研究所)をフル回転させて、作ってみました。スタートは「東京」から。
東京→上野→乃木坂→神楽坂→葛西→飯田橋→信濃町→千歳烏山→幕張→両国→国立→調布→府中→浦和→早稲田→代田橋→(…永遠に続きそうなので、ここで終わり)
東京にある駅の名前ばかりです。しかも、京王線が多い。これは、私(サイト作成者)が東京在住で、しかも京王線をよく利用するからです。別に意味はありません。

どんな「制限」でもいいです。上のように、なにか「制限」を加えることによって「しりとり」を面白くする。これも、これまた現代人の誰もが知っていることです。

なお。
このように、「制限」を加えなければ「しりとり」が面白くない理由。それは、日本語には「音」の数が少ないからです。厳密にいえば、「音節」の数が少ないからです。

日本語にある「音」。それは、基本的な「50音」に、「濁音」「半濁音」をプラスしたもの。それに「きゃ」「きゅ」「きょ」のようなものを加えても、合計して100個ありません。実は、この数はとっても少ないのです。

そんなわけで、何か「制限」を加えておかないと無限に続くことになるわけです。おしまいに「ん」が出てこないかぎり、未来永劫ということになってしまうわけです。

深く知る4日本語以外での「しりとり」

どうも欧米語には、典型的な「しりとり」にあたるものはないようです。どうしてそのように思うかというと、和英辞典などで「しりとり」を調べてみても、載っていないからです。

たぶん、日本語が「1文字に対して1音」だからこそ、「しりとり」を作ることができるからだと思います。まったく根拠も典拠もない、思いつきの理論なのですが。

いちおう英語には、
word chain
なるものが、あります。

もちろん。
この「word chain」は、日本語でいう「しりとり」と全く同じというわけではありません。英語での「word chain」では。自分の前に言った単語の、最後にある2〜3文字を使って、べつの単語を完成させるといったものだからです。

つまり、「word chain」を遊ぶときには。
困ったことに、「発音」が問題にはならないのです。たんに、アルファベットを続けていくものなのです。たしかにアルファベットは、もともとは「1つの文字に対して、1つの音があてはまる」ものです。ですが英語では、この原則どおりではないものが非常に多いのです。

これに対して、日本語は。
「ひらがな」「カタカナ」であれば、「1つの文字には、1つの発音が当てはまる」ということになります。

まあ、そういった事情はあるにしても。
「しりとり」というゲームを、英語であらわすための単語としては。この「word-chain game」が、いちばん近いものだと思います。

英語の「word chain」をくわしく知りたいかたは、
(英語の)」にある、「word chain」のページをご覧ください(説明文は英文です)。

なお。
中国語では「接尾令」という名前で、「しりとり」と同じルールのゲームがあるみたいです。中国語には詳しくないのですが、たぶん間違いないと思います。




レトリックの呼び方

呼び方 文字鎖・しりとり


関連レトリック

ことば遊び空言(そらごと)アナグラム交叙法字喩アクロスティックメソスティックアルファベットアクロスティック、折句、回文しゃれ、駄洒落、地口早口ことばなぞかけ

参考資料

●『日本語のしゃれ(講談社学術文庫 445)』(鈴木棠三/講談社)

「しりとり」について、これ以上くわしく書かれている本はないと思います。同じ者は『ことば遊び—ことば読本—』(谷川俊太郎ほか/河出書房新社)のなかで、「尻取りことば」の解説もしています。そちらも合わせて参照ください。
●『古典文学レトリック事典』(國文学編集部[編]/學燈社)

この本も、江戸時代や、それより以前の「しりとり」について書いてあります。「古典文学」の事典なので、現在の「しりとり」については書かれていません。あと、この本を読むときには「しりとり」と「文字鎖」の両方のページを参考にして下さい。
●『ことば遊び〈ことばの小径〉』(鶴田洋子/誠文堂新光社)

このページを作るときに、いちばん参考にした本です。「しりとり」のルールを説明している本ではありません(ルールは、日本人なら誰でも分かる)。そうではなくて、どのようにアレンジすると面白くなるとか、そういったことが書かれている本です。


このサイト全体からのサーチ
 
「使う目的別のページ」の中からサーチ
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類