このページは、 のページにあったものを引き継いでいます。
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類
 
漸層法(狭義の) ぜんそうほう climax
——『おねがいティーチャー』1巻33ページ(Please!・林家志弦/メディアワークス 電撃コミックス)
みずほ先生 私 今日から
ここで暮らす
ことになったのよ
そっかあ…
それはキミとは
ご近所さんに
なるわけね」
これから  (ヨロ)
あっ (フラ)
よっ (ヨタ)
よろしく… (ヨロ)」
……
はい あの
…よかったら
手伝いましょう
か…?
みずほ先生 ええ!? (ヨロロ)
そんなァ (フラ)
いいのよォ
気を使わなく
てえ〜〜 (ヨタタタタ)」
てっ…
手伝います!
手伝わせて
下さいいいいい!!!
——『おねがいティーチャー』1巻33ページ
(Please!・林家志弦/メディアワークス 電撃コミックス)


定義重要度

漸層法(狭義の)は、だんだんと表現が盛り上がるレトリックです。つまり表現を、弱いものから強いものに、または浅いものから深いものに、もしくは小さなものから大きなものに、段々と調子を強めるものです。言いかえると、しだいにピークを作り上げていく表現だということができます。


効果

効果1漸層法(広義の)」を、参照ください。

使い方
使い方1漸層法(広義の)」を、参照ください。

注意

注意1漸層法(広義の)」を、参照ください。



例文を見るその1例文を見る(末尾)

引用は『おねがいティーチャー』1巻。

主人公は、「草薙桂」。

彼のクラスで担任をしていた人が、突然辞めた。そして、その代わりとして赴任してきたのが、美人で新米の女性教師。名前は「風見みずほ」。

そしてお約束のように、「みずほ」先生が引っ越してきたのは、「桂」のとなりの家。

だけれども、その引っ越しの様子が、危なっかしい。ヨロヨロ、フラフラ、なんか大変そう。
その様子を見ているうちに、
…よかったら
手伝いましょう
か…?
と言う。それからはじまって、
てっ…
手伝います!
にグレードアップ。最後には、
手伝わせて
下さいいいいい!!!
と、頼みこむような話しぶり。

この、段々と口調が強くなっていく表現を、「漸層法(狭義の)」と考えます。



例文を見るその2例文を見る(末尾)

ラグーンエンジン』1巻3ページ(杉崎ゆきる/角川書店 あすかコミックス)
ふと思った
「おとな」って「どこから」なんだろう


「いつか、おとなになったら」
「もっと、大きくなったら」
僕らが口にするこの言葉は
まるで「呪文」や「言霊」みたいだ

そんなギモンをかかえて
何十回も何百回も
何千回も眠りについたら


ちがう空の下できみと同じ夢をみる
『ラグーンエンジン』1巻3ページ
(杉崎ゆきる/角川書店 あすかコミックス)
もう1つ、「漸層法(狭義の)」の例を書いておきます。

引用は、『ラグーンエンジン』(杉崎ゆきる/角川書店 あすかコミックス)の1巻。

主人公は、等軍焔(らぐんえん)と等軍陣(らぐんじん)の兄弟。彼ら兄弟の家は、代々「凶(マガ)」と呼ばれる悪霊とか幽霊とかを退治している。

…というふうに、このマンガのストーリーを説明しても、あまり意味がありません。なぜなら、「漸層法(狭義の)」が使われているのが、このマンガの一番最初のページだから。
ふと思った
「おとな」って「どこから」なんだろう


「いつか、おとなになったら」
「もっと、大きくなったら」
僕らが口にするこの言葉は
まるで「呪文」や「言霊」みたいだ

そんなギモンをかかえて
何十回も何百回も
何千回も眠りについたら


ちがう空の下できみと同じ夢をみる (1巻3ページ)
これも、「何十回」→「何百回」→「何千回」というように、段々と「眠る」数を増やしています。ですので、これも「漸層法(狭義の))」をいえます。



レトリックを深く知る

深く知る1「漸層法(広義の)と「漸層法(狭義)」との違い
この「漸層法(狭義の)」が、「漸層法(広義の)」のうちでも代表例にあたります。

同じように、「漸層法(広義の)」のグループには他に、「漸降法」や「連鎖漸層法」などがあります。

この、「漸降法」や「連鎖漸層法」を含めた「漸層法(広義の)」については、そちらを参照してください。

また、「漸層法」に共通する解説については、「漸層法(広義の)」をご覧ください。




レトリックの呼び方

呼び方 漸層法(狭義の)
呼び方 上昇的漸層法


関連レトリック

列叙法漸層法(広義の)漸降法、連鎖漸層法、飛移法多種列挙

参考資料

●『レトリック辞典』(野内良三/国書刊行会)

「上昇的漸層法」というレトリック用語で、「漸層法(狭義の)」を扱っています。同じ著者の書いた、『レトリック入門—修辞と論証—』(野内良三/世界思想社)や『日本語修辞辞典』(野内良三/国書刊行会)もにも、くわしい説明があります。


このサイト全体からのサーチ
 
「使う目的別のページ」の中からサーチ
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類