TOPページ 交差配語法
関連レトリック 交差配語法

交差配語法 こうさはいごほう chiasmus


『君が主で執事が俺で』1巻表紙(白猫参謀・皇ハマオ[著]、みなみそふと[原作]/角川書店 角川コミックス・エース)
  • 『君が主で執事が俺で』  1
  • 白猫参謀&皇ハマオ
  •  [原作]みなみそふと
-『君が主で執事が俺で』1巻表紙(白猫参謀・皇ハマオ[著]、みなみそふと[原作]/角川書店 角川コミックス・エース)
  • 定義重要度2
  • 交差配語法 は、2つの似たことばを順序を逆にして繰り返すレトリックです。つまり、「AB-B’A’」という順番で、ことばを並べるレトリックです。

…というふうに、《定義》を書いてはみたものの。このレトリックは、かなり分かりづらいものです。

なので。
ちょっと長くなりますが、くわしく説明することにします。

「交差配語法」のつくりかた。
  • あることば「A」と、それに似たことば「A’」を、用意します。

  • 同じようにして、もう1つのことば「B」と、それに近いことば「B’」を準備します。

  • このようにしてできた、「A」「A’」「B」「B’」という4つのことばを、
    「AB-B’A’」という順番にならべます。

  • このようにすると、類似のことばを順番を逆にしながら反復することになります。

とまあ。これが、「交差配語法」です。

しかし。
これでもまだ、かなり分かりにくいと思います。これでもやっぱり、抽象的な説明になっているからです。

なので。
《例文を見る》のほうで、「例文」といっしょに確認してみることをおすすめします。

  • 効果
  • 効果1 同じことばを反復するわけではないので、すこし不明瞭
  • 「交差配語法」では、2つの似た単語をくり返します。「 倒置反復法 」のように、同じ単語を反復するわけではありません。そのため、少し鮮やかに欠けるレトリックになります。
  • キーワード:不鮮明、ぼうっと、ぼんやり、朦朧、くもり、不明瞭、漠然

  • 効果2 使ったヒトは、みずからの主張を強く示そうとしている
  • 「倒置反復法」には及びませんが。この「交差配語法」でも、「 倒置反復法 」に似た効果を出すことができます。なので、この「倒置反復」を使ったヒトは、なにか主張をしていると考えられます。
  • キーワード:主張、申し立てる、言い張る、打ち出す

  • 効果3 対称のカタチをとるので、調和やバランスを感じる
  • この「交差配語法」は、似た意味の単語を、鏡のように対称にして反復します。そのため、「 倒置反復法 」にかなり近い美しさを出すことができます。
  • キーワード:対称、つりあう、バランス、シンメトリー、調和、対比、相対する、対照、対置、対する、対照美、対応、引き合う

  • 効果4 くり返しをするため、ことばを強めることになる
  • このレトリックは、似たことばをくり返しています。言いかえれば、同じような単語が2回出てくるわけです。このことから、「交差配語法」を使うことで伝えたいメッセージを強調することができます。
  • キーワード:強め合う、強める、強まる、盛り上げる

  • 効果5 ととのった、キレイな形をつくりだす
  • 似た言葉をくり返して、しかも順番を入れかえている。このことから、ととのった美しさのある文になります。
  • キーワード:優美、風格、切れ味、美しい、きれい

  • 効果6 使い手に「才能」や「機知」があるイメージをあたえる
  • このレトリックは、かなり技術的なものです。意識せずに使うということは、まずありません。そのため、使い手に「知性」などのイメージをもつことができます。
  • キーワード:才気、才能、機知、知性、警句

  • 使い方
  • 使い方1 似たカタチをした同じ単語を、くり返す
  • このレトリックは、似た単語をくり返します。「 倒置反復法 」では、まったく同じ単語を反復します。ですが、「交差配語法」では、意味の近い2つの単語をくり返します。

  • 使い方2 順番を入れかえて反復する
  • たとえば、さいしょに「AB]という順番で登場したばあい。次には必ず「B’A’」という順番で、あらわれることになります。まあこれは、日本語ではあまり問題になることはありません。

  • 注意
  • 注意1 「わざとらしさ」を感じることがある
  • このレトリックは、かなり「わざとらしさ」を感じてしまうこともあります。つまり、ことばの受け手の印象に残るように、「わざわざ」使っていると感じとられることもあります。
  • キーワード:わざとらしい、わざわざ、自発的

  • 注意2 単語の結びつきが異常になることがある
  • とくにヨーロッパのことばでは、語順のルールが厳しくなっています。ですので、ことばを倒置してしまうと、文法のルールに違反してしまうことがあります。これは、日本語ではあまり問題にはなりません。
  • キーワード:不正、異常、異状

  • 例文を見る)
  • とりあえず。
    『君が主で執事が俺で』というフレーズが、典型的な「交差配語法」です。なので、この『君が主で執事が俺で』というヤツを、例文にしてみたいと思います。

    この『君が主で執事が俺で』というのは、さいしょはゲームとして発売されたものです。ですが、アニメ化などのメディアコンプレックスによって、いろんな派生ジャンルに広がっています。コミックスも発売されているので、「ふき出しのレトリック」で紹介しても問題ないでしょう

    で。
    これがなぜ「交差配語法」なのかということを、《定義》で書いた説明に合わせて見ていくことにしましょう。
    • あることば「君」と、それに似たことば「俺」を、用意します。

    • 同じようにして、もう1つのことば「主」と、それに近いことば「執事」を、準備します。

    • このようにしてできた、「君」「俺」「主」「執事」という4つのことばを、
      「君 主 - 執事 俺」という順番にならべます。

    • このようにすると、類似のことばを順番を逆にしながら反復することになります。
    そこで『君が主で執事が俺で』というフレーズを見ると。これは、上のならび方にしたがっていますなので、「交差配語法」だということができます。


  • レトリックを深く知る
  • 深く知る1 「倒置反復法」と「交差配語法」との違い
  • このページで紹介している「交差配語法」には、似たようなレトリックがあります。それは、「 倒置反復法 」というものです。

    問題となるのは、「 倒置反復法 」というヤツ。これが、「交差配語法」とはどのように違うのかということです。つまり、「 倒置反復法 」と「交差配語法」との線引きを、どのようにするか。そこに、ふれておきます。

    おおまかに見たところ、大きく分けると説明のしかたは「4通り」に分かれているようです。ですので、その4つに分けて説明をしていきます。

    なお、このサイトでは。下に書くからのうち、を採用しています。

  • 深く知るa このサイトでの説明に近いもの
  • まず。
    このサイトが採用したのは、次のような分けかたです。
    • 倒置反復法 」のばあい、完全に同じことばが反復される。(AB-BA)
    • 「交差配語法」のばあい、意味の近いことば・似たことばが反復される。(AB-B’A’)

    というものです。

    例をいくつか書いておくと。

    倒置反復法:語順が「AB-BA」となっているもの(完全な言葉の反復)
    • ・「一は全、全は一」
    •  →『鋼の錬金術師』(荒川弘/スクウェア・エニックス ガンガンコミックス)の、5~6巻
    •  ※アニメでは第28話のタイトル
    • ・「7人が1人 1人が7人」
    •  →『七人のナナ』(国広あずさ・今川泰宏/秋田書店 少年チャンピオン・コミックス)の、3巻177ページ
    • ・「高校生といえばマック、マックといえば高校生だと」
    •  →『紳士同盟†(クロス)』(種村有菜/集英社 りぼんマスコットコミックス)の、5巻116ページ


    交差配語法:語順が「AB-B’A’」となっているもの(不完全な言葉の反復)
    • ・「君が主で執事が俺で」(白猫参謀・皇ハマオ[著]、角川書店 角川コミックス・エース)

    となります。

    この説をとるメリット。それは、「倒置反復法」と「交差配語法」を間違いなく見わけることができる、ということです。「A」という単語と「B」という単語があって、それが「AB-BA」とならんでいれば「倒置反復法」になります。

    それにたいして、この説のデメリット。それは、日本語のばあい「交差配語法」にあたる文をめったに見かけない、ということです。

    私(サイト作成者)が、コミックスの中で「交差配語法」がにあたるとハッキリと言える例。それは、今のところ『君が主で執事が俺で』というタイトルしかありません。

    なぜ、この「交差配語法」が数少ないのかというと。
    現実に使おうとしても、日本語ではインパクトの強い文章になりにくい
    からです。つまり、なにか「仕かけ」をしたフレーズだとは気がついてもらうことができにくい。そのため、そのまま気づかずに通り過ぎてしまう読み手=聞き手が多くなる。となれば、書き手=話し手としては、できればそういったことになるのは避けたい。結果として、「交差配語法」が使われることがあまりない。

とまあ、こんな事情が原因になっているのではないかと思います。

なお、この説をとっているものとしては、
『レトリック辞典』

があげられます。












※「交差」という単語は、「交叉」と書かれることもあります。