このページは、 のページにあったものを引き継いでいます。
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類
 
過大誇張法 かだいこちょうほう auxesis
——『R.O.D—READ OR DREAM—』1巻10ページ(倉田英之・綾永らん/集英社 ヤングジャンップ・コミックス・ウルトラ)
ミシェール あれが
次女の
マギーちゃん」
フレーズは
“大きい!強い!
鈍い!”です
その証拠に……」
(マギーの頭の上に鳥がとまる。
でもマギーは気がつかない。)
ミシェール ほらっ
本に熱中
していると
隣りで核戦争が
起きても

気がつきません」
アニタ 隣りで
起きるか
そんなもんっ」
——『R.O.D—READ OR DREAM—』1巻10ページ
(倉田英之・綾永らん・スタジオオルフェ・アニプレックス
/集英社 ヤングジャンップ・コミックス・ウルトラ)


定義重要度

過大誇張法は、ものごとを極端に拡大して大きく表現するレトリックです。事実や認識を大きい方向に誇張する「誇張法」の一種です。言いかえれば、「前向き」もしくは「下向き」に増加させてあらわす誇張法です。


効果

効果1——

——
:——

使い方
使い方1事実以上に大きな表現をする

必要以上に大きく表現する。つまり、ものごとの程度を高く強調するものです。
:大きい、でかい、でかでか、巨大、多い、多く、多分、たんまり、どっさり、ふんだん、莫大、多大、甚大、絶大、重大、高い、優れている、優等、高度、高等、高級

注意

注意1あまりに大げさすぎると、感情移入することができない
あまりに大げさすぎると、受け手(読み手・聞き手)は、しらけてしまいます。そうなると、受け手は感情移入することができなくなってしまいます

:仰々しい、やかましい、大げさ、誇張



例文を見る例文を見る(末尾)

引用は『R.O.D—READ OR DREAM—』1巻から。

ここは香港。とある三姉妹が「紙姉妹探偵社」という仕事をしている。

長女のミシェールが言うところによると、
捜索・修復
翻訳・取引の交渉
鑑定・真贋判別
その他 本に関する
事ならなんでも
お引き受けします (9ページ)
とのこと。つまり、「本」に関わりのある全てのことが、この「紙姉妹探偵社」の仕事というわけです。

で、そのメンバーを紹介していく中で、次女のマギーのことにふれる。それが引用のシーンです。

たしかに、頭に鳥がとまっても、無反応。本に熱中しています。ですが、それを理由に、
隣りで核戦争が
起きても
というのは、ありえません。「鈍い」ということを強調するために、「隣で核戦争が起きても」というのは、おおげさです。

ですが、「鈍い」とか「本に熱中すると周りで何起きても気づかない」ということを強調して、「隣で核戦争が起きても」と言っているわけです。なので、これは「過大誇張法」にあたります。



レトリックを深く知る

深く知る1「のび太」の涙は「過大誇張法」だけれど…
このサイトの詳しい説明」の「1.」でも書いたように、『ドラえもん』に出てくる「のび太」の「涙」は「過大誇張法」です。いくら大泣きしても、ドラえもんが流れるほどの涙は出ません。

ですが、このサイトでは、そういった「イラスト」の部分での「レトリック」については扱いません。これは、そこにまでは手が及ばない、というサイト作成者の限界によるものです。

深く知る2「過大誇張法」と「過小誇張法」との区別

「隣で核戦争が起きても」というのは、どちらかといえば「過大誇張法」になじみやすいものです。しかし、「過大誇張法」なのか「過小誇張法」なのか、区別ができない例も多くあります。

つまり、世の中には「大きい」と「小さい」という尺度では表せないものもあります。そのため、この「過大誇張法」と「過小誇張法」とは、原理的には同じものといえます。

また実際には、「過小誇張法」が使われることは少なく、圧倒的に「過大誇張法」のほうが多く登場します。

そのため、あえて「過小誇張法」を区別する必要はない、とする人もいます。たとえば佐藤信夫先生は『レトリック感覚(講談社学術文庫 1029)』で、そのような立場をとっています。

深く知る3「無理誇張」について
ところで。
「無理誇張(adynaton)」というレトリック用語があります。だけれども私(サイト作成者)には、ほかの「誇張法」との違いがよくわからなくて、困っています。

ようするに「無理誇張」は、不可能なことを引き合いに出してきて、あり得ないということを強調する表現です。

この「無理誇張」が別名impossibileと呼ばれるのもそのためです。なお、この別名はラテン語なので、けっしてimpossibleをタイプミスしたものではありません。

話をもとに戻して。

「あり得ないことを引き合いに出して」っていうところに、ひっかかりを感じるのです。だって、ほかの「過大誇張法」だって「過小誇張法」だって、「あり得ないことを引き合いに出して」いる。

まあ、必ずしも「あり得ない」ものでなければならないという決まりはないかもしれない。でも実際のところ「誇張法」には、「あり得ない」ものが例に出されるのです。

ありがたいことに、引用した『R.O.D—READ OR DREAM—』の文章で、アニタが証言しています。
隣りで
起きるか
そんなもんっ
というアニタの言ったセリフ。
そうなのです。「隣で核戦争が起きること」は、ちっともリアルでないのです。それこそ「あり得ない」ことなのです。そして、「あり得ない」ことだからこそ「過大誇張法」としてのレトリックになっていると思うのです。

というわけで、私(サイト作成者)は「無理誇張」というレトリック用語が、いまいち把握できかねます。

なお。
念のため書いておきますが、adynatonというレトリック用語は、それほどマイナーなものではありません。「Wikipedia」にも載っている、ふつうのレトリック用語です。

  *

…と、書いてみた。
そのあと、『文学修辞学』(H・ラウスベルク[著]、萬澤正美[訳]/東京都立大学出版会)という本に、「無理誇張」について少し解説がありました。なので、ちょっと書きくわえます。

どうも、この本によると「無理誇張」というのは、
「誇張法」というよりは、むしろ「迂言法」に近いもの
とのことです。

つまり、不可能であることを「回りくどく」伝える。この「回りくどく」というところが、この「無理誇張」のポイントのようです。

もちろん、最終的には「無理だよ!」というメッセージが到達させるのが目的のものです。それは、たしかです。ですが、そのための手段こそが「無理誇張」の特徴のようです。

つまり、「回りくどく」というか。もしくは、「ワザワザほのめかして」といいうか。とにかく、直接ストレートに言わないで伝えるという「迂言法」のもっている性質こそが、「無理誇張」の注目しているポイントのようです。

(※注:この本では「adynaton」のことを、「無理誇張」ではなく、「あり得ないことの迂言法」と呼んでいます。114ページ。)




レトリックの呼び方

呼び方 過大誇張法
呼び方 拡大叙法


関連レトリック

誇張法過小誇張法、無理誇張、過精密、誇大語調、緩叙法(広義の)虚言、極言、印象強調、過小言辞、類義区別、感嘆法

参考資料

●『レトリック辞典』(野内良三/国書刊行会)
あまり長い解説が書いてあるわけでは、ありません。ですが、日本語で書かれている本で一番くわしいのは、たぶんこの本です
●『レトリック感覚(講談社学術文庫 1029)』(佐藤信夫/講談社)

あと、少し「過少誇張法」が説明がされている本として、こちらをあげることができます。


このサイト全体からのサーチ
 
「使う目的別のページ」の中からサーチ
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類