このページは、 のページにあったものを引き継いでいます。
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類
 
頓絶法 とんぜつほう aposiopesis
——『女子妄想症候群(フェロモマニアシンドローム)』2巻112ページ(イチハ/白泉社 花とゆめCOMICS)
店長 後はユナちゃん
面倒見てあげてね♡」

ドゴン)
↑なにかが、目から発射される音
耐えろ…
耐えるんだ 滸)
炯至 あっ
ほとり♡」
わぁ このケーキ
なんておいしそう
今スグ食べたい
むさぼり食いたい
捕まっても食べたい
舐める様にして食べたい
食べ食べ食食食食食
食食食食食食食食食
友だち達 MAX耐えてる!!)
——『女子妄想症候群(フェロモマニアシンドローム)』
2巻112ページ
(イチハ/白泉社 花とゆめCOMICS)


定義重要度

頓絶法は、言いかけてやめるレトリックです。ダッシュ(——)やリーダー(……)などによって省略を表示し、そのまま言いさしの形で文を結ぶ表現法です。それでいて、省略された部分はしっかりと何だか分かる仕組みになっています。暗黙のうちに、読み手・聞き手には内容が伝わることになります。


効果

効果1「気持ちの高ぶり」などによって、その人が言葉を続けられなくなったことを表現する

「気持ちの高ぶり」などによって、その人が言葉を続けられなくなった。と、そういったことを表現するという効果があります。では、どんな理由で言葉を続けることができなかったか。これは、多くの理由が考えられます。「感動」「興奮」「驚き」「嘆き」「喜び」「恐怖」など、いろいろなものが考えられます。
:感情、感じ、情、感情的、感きわまる、感に堪えない、感動、感激、気持ちの高ぶり、意気込む、意気込み、勇む、勇み立つ、奮う、奮い立つ、奮起、発揚、興奮、高ぶる、沸く、たぎる、エキサイト、驚き、驚く、はっとする、息をのむ、驚愕、仰天、驚異、目をうたがう、嘆き、嘆く、悲しむ、悲しみ、嘆じる、感情、傷心、喜び、喜ぶ、喜ばす、うれしがる、喜悦、愉悦、歓喜、恐怖、恐れる、恐れ、怖がる、怖がらす、おびえる、おじけづく、畏怖
効果2ちゅうちょや思い入れによって、ためらいが生まれたことをあらわす

ちゅうちょや思い入れ、羞恥心などによって、ためらいが生じた。そのような逡巡したようすを写しとることができます。
:ちゅうちょ、思い入れ、ためらい、羞恥心
効果3「頓絶法」を使った相手を、軽べつの対象だとする

「頓絶法」が、間に合わせのために使われることもあります。なぜなら「頓絶法」は、話を続けることをやめてしまうというレトリックだからです。そのような間に合わせの行動に出たばあい、これを軽べつされたりするといったことがありえます。
:おこる、いかる、いかり、腹が立つ、腹立つ、気にさわる、脅し、脅す、脅かす、脅しつける、おびやかす、軽べつ、軽侮、侮蔑、べっ視、侮辱、皮肉、当てつける、当てつけ、当てこする、あげ足、アイロニー
効果4苦しまぎれで「頓絶法」を使い、そのまま宙ぶらりんになることがある

苦しまぎれで「頓絶法」を使い、そのまま宙ぶらりんになることがあります。
:苦しまぎれ、心ならずも、不本意ながら、仕方なしに、宙ぶらりん、ぶらりと、ぶらぶら、中途半端、どっちつかず、未解決、棚上げ、保留、未完成、未完、不成立
効果5単調を破り、アクセントをつける

単調を破り、アクセントをつけるために「頓絶法」が使われることがあります。
:単調を破る、単純を破る
効果6頓絶しなければあったはずのことばを、想像させる

頓絶しなければ、そこには何らかのことばがあったはずです。その失われてしまったことばを、受け手(読み手・聞き手)の側が想像することになります。このときに余韻や余情を味わうことができます。
:頓絶、中断、絶つ、中絶、わざと、わざわざ、好んで、ことさら、想像、イマジネーション、思いやる、察する、想定、不確か、不確実、不正確、余韻、余情、趣き、情趣、風趣、趣向、風致、風韻、風情

使い方
使い方1いいさしのカタチで文を終える

いいさしの状態で突然、話を打ちきって終わらせる。これが基本的な「頓絶法」です。
:いいさし
使い方2「〜!」のように、感嘆符(!)で終わらせる

「頓絶法」は多くのばあい、「〜!」というような感嘆符(!)で終わります。

注意

注意1品が落ちる

「頓絶法」は、使う場所によっては品が落ちることがありえます。論文などでは使わないのがふつうです。ですが、小説のようなジャンルでは、多かれ少なかれ使われています。



例文を見る例文を見る(末尾)

引用は、『女子妄想症候群(フェロモマニアシンドローム)』 2巻から。

主人公は「滸(ほとり)」(♀)。そして、その彼氏が「炯至(けいし)」(♂)。

この2人は、幼なじみだった。そして今、つきあっている。だけれども、この「滸(ほとり)」と「炯至(けいし)」のカップルには、とても大事な問題がある。それは、なにかというと。
  1. 「滸(ほとり)」と「炯至(けいし)」は、子供の頃から友だちだった。
    そして子供のころは、「滸(ほとり)」のほうが「炯至(けいし)」よりも、
    断然、強かった。

  2. そのため、「滸(ほとり)」と「炯至(けいし)」の2人の関係は、
    「兄」と「弟」のようなものになってしまった。

  3. こんな流れで「炯至(けいし)」は、犯罪的にカワイク成長した。

  4. 逆に「滸(ほとり)」は、
    犯罪的にカワイイ「炯至(けいし)」と長年いっしょに過ごしてきたために、
       異様に色欲の強い
       女に成り果てていた (19ページ)
という状態に、なってしまったからです。

で、この場面は。
友だちの「ユナ」が、バイトしている店(喫茶店)。この店が、クリスマスで人手不足になってしまった。そこで、ユナが(しぶしぶ)喫茶店に行く。

ならば、ユナだけがバイトに行ったのかというと、そうでありません。ユナは、その電話を受けた時、まさにクリスマスパーティーを始めようとしていたところだったのです。

そういった流れで。喫茶店でのバイトは、友だちみんなで行くことにした。なので「ユナ」はもちろんのこと、友だちの「滸(ほとり)」や、滸の彼氏「炯至(けいし)」も、バイト先へ行った。

バイト先の喫茶店に着く。そして、店の前でチラシを配ることになる。チラシを配る担当のヒトは、サンタクロースっぽい服装(=コスプレ?)を着ることになる。

問題は。
  1. サンタクロースっぽい服装(=コスプレ?)は、女のコ用しかなかった。

  2. しかたなく(?)、そのサンタクロースっぽい服装(=コスプレ?)を「炯至(けいし)」が着る。
といったところです。

着替えを終えて、そのサンタクロースっぽい服装(=コスプレ?)をした「炯至(けいし)」のすがた。それがまた、悶絶するようなカワイイものだった。

その〈異様に色欲の強い女に成り果てていた〉滸(ほとり)が、「炯至(けいし)」のカワイイすがたを見る。すると、そのカワイさによって、「滸(ほとり)」は制御不能となる。
ただ、
わぁ このケーキ
なんておいしそう
今スグ食べたい
むさぼり食いたい
捕まっても食べたい
舐める様にして食べたい
食べ食べ食食食食食
食食食食食食食食食
と。

ここで「食べ食べ食食食食食 食食食食食食食食食」と、ことばに詰まっているところ。これが、「頓絶法」となるわけです。「食べ」だとか「」とかいったものは、文が完全には成りたっていません。つまり、1つの独立した文とはなっていません。ですので、この部分を「頓絶法」とします。

なお、当然ながら。
「滸(ほとり)」が「今スグ食べたい」モノ。「むさぼり食いたい」モノ。「捕まっても食べたい」モノ。「舐める様にして食べたい」モノ。ここで「食べたい」ものは、本当は「ケーキ」ではありません。

ふつうケーキは「舐める様にして」食べるものではありません。また、食べたからといって「捕まる」こともないと思います(いちおう窃盗罪だけど、そんなことでいちいち逮捕はしない)。



レトリックを深く知る

深く知る1「頓絶法」のかたち

——『ミントな僕ら』1巻89ページ(吉住渉/集英社 りぼんマスコットコミックス)
きのう あのあと
牧村が帰ってきたのは
12時すぎだった

あのおっさんと ずっと
いっしょにいたのかな
いったい あれ 誰なんだろ

父親か親せき…?
って感じじゃ なかったよな
肉親にしちゃ
うちとけかたが
足りないっつーか
おっさん 妙にうれしそーだったし
なんか照れてたし

だいいち 親とかなら
寮の門限
破らせたりしねーよな
やっぱ どー考えても援助…
——『ミントな僕ら』1巻89ページ
(吉住渉/集英社 りぼんマスコットコミックス)
「頓絶法」は、わりといろいろな効果のあります。たとえば、
  • 「感極まってことばも出ない」

  • 「二の句が継げない」

  • 「呆れて声も出ない」
と、いろいろ考えることができます。そのようなことをふまえて、右の引用を見てみることにします。

右の画像は、『ミントな僕ら』1巻から。

主人公は「のえる」。

その「のえる」が町を歩いていると、偶然、寮の同室生である牧村を見つける。しかし牧村は、「へんなおっさん」と一緒に歩いていた。そのことについて考えをめぐらせているのが、引用のシーンです。
援助…
と言いかけて、あ、まあ、この場合は「考えかけて」になるのかな、要するに「援助…」の部分で考えをやめてしまっています。
しかし、この考えかけでやめた言葉は、どう考えても
援助交際
です。それは、誰にでもわかる仕掛けになっています。

このように、
  • 考えかけて、途中でやめる

  • 言いかけて、途中でやめる
というのも、「頓絶法」によって表現することができます。

深く知る2ちょっとイレギュラーな「頓絶法」

——『神のみぞ知るセカイ』2巻142~143ページ
桂馬 しかし…
本ってもんは、
もうなくなっても いいな
本なんて
場所をとるばっかりだし。
全部データに
しちゃえばいいんだ!」
――ここ4コマ省略――
桂馬
全部スキャンしちゃえば
本なんか
全部捨ててしまえるよ」
ば…ばかぁ――」
……)(……)(……)
(……)(……)(……)
(……)(……)(……)
……)(……)(……)
(……)(……)
(……)(……)
——『神のみぞ知るセカイ』2巻142~143ページ
(若木民喜/小学館 少年サンデーコミックス)
文の終わりを「……」だとか、「——」だとかいったもので締めくくる。このようなものは、正統派のパターンにあたります。このようなスタンダードなものもありますが、ちょっと変わったタイプの「頓絶法」もあります。
それは、
  • ふき出しの中身が「……。」だけしかない、というパターン。

  • 「……。」と沈黙を示して、そのまんま作品までもが終わってしまうパターン。(「沈黙表示」と重なる面がある)

と、いったものです。

たとえば、右の画像は『神のみぞ知るセカイ』の2巻。

栞は、図書委員。そして、引っ込み思案な女の子。

そんな栞に、桂馬は
本なんか
全部捨ててしまえるよ」
と言い放つ。

これに対して。栞は、なんとか反論したいと思う。だけれども、ことばとして言い返すことができない。

ただ心の中で「頓絶法」を、くり返しているだけ。

このような例をはじめとして、ふき出しでは多彩な「頓絶法」が見られます。先ほども書いたとおり、「会話文が主体となっている」という性質によるものだと思われます。

深く知る3「頓絶法」と「中断法」との関係

「……」と黙ってしまう「頓絶法」や「中断法」と、語句を並べることになる「疑惑法」。見た目には逆なのにも関わらず、意外にも近い関係にあります。

なぜならどれも、「言葉に迷っている」という点で共通しているからです。つまり、伝えたいことを、うまく言葉することができない時の「苦しまぎれ」である点が共通しているのです。

深く知る4「頓絶法」の特別な効果

「頓絶法」が、ちょっと違った効果を出すこともあります。それは、「読み手に伝えようとしかけてやめる」場合です。ふつうの「頓絶法」は、ことばの上では表現していなくても、読み手には内容が伝わります。ですが、そうではない「頓絶法」もあります。

この場合には、書き手は頓絶してしまった後で何を言いたかったのか、それが「読み手」に十分に伝わらないことになります。つまり、読者を「宙ぶらりん」の状態にする。もう少しいうと、「宙ぶらりん」にするためにワザと「頓絶法」を使うことがあるのです。

——「頓絶法」は、こんなときにも利用されることがあります。




レトリックの呼び方

呼び方 頓絶法・頓絶
呼び方 黙絶法・中絶法
呼び方 絶句法・アポシオピーシス・アポジオペーシス
呼び方 話中頓絶


関連レトリック

省略法、断絶法、中断法黙説法疑惑法挿入法感嘆法

参考資料

●『言葉は生きている—私の言語論ノート—』(中村保男/聖文社)

英語での「頓絶法」を書きつつ、「頓絶法」の例をあげています。



余談

余談1マンガのふき出しでは、いがいと「頓絶法」が多い

「ふき出し」では、わりと多く見かけるレトリックです。というのは、この「頓絶法」というレトリックは、「話のやりとり」つまり「会話」のなかで登場するものだからです。会話文がメインとなる「ふき出し」では、たくさん出てくるのが自然です。


このサイト全体からのサーチ
 
「使う目的別のページ」の中からサーチ
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類