このページは、 のページにあったものを引き継いでいます。
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類
 
通過論法 つうかろんぽう apoplanesis, metastasis
空太 椎名って
どういう人生を
送ってきたんだよ?」
ましろ 絵を描いてきた
空太 他には?」
ましろ 絵を描いてきたの
空太 ……」
ましろ 絵を描いてきたわ
空太 聞こえてるから
他の言葉を
待っていたんだよ!!」
——『さくら荘のペットな彼女』1巻65~66ページ
([原作]鴨志田一
・[作画]草野ほうき・[キャラクターデザイン]溝口ケージ
(アスキー・メディアワークス 電撃コミックス)


定義重要度

通過論法は、いままでの話題とは関係のない話題へと、急に変化させようとするレトリックです。


効果

効果1それまでとはちがった話題にすることで、それまでの話題をゴマかす
多くのばあい「通過論法」は、それまでの話題が続くのが不都合なときに使われます。そして「通過論法」が成功するには、それまでの話題を変えることに「もっともらしさ」が求められます。たしかに、「通過論法」によって避けられることになる「もとの話題」とは、まったく違う。ですがそれでいて、「もとの話題」から外れてはいないという印象をあたえる。このあたりが、「通過論法」の成功のカギなります。
:回避、逸脱、脱線、逃れる、逃げる、避ける、はぐらかす、ごまかす、まやかし、くらます、惑わす、(注意を)それる、そらす、はずれる、とばす
効果2それまでの話題で論点だったものを取りかえる、論点をぼかす
それまでにピントをあわせていた話題があった。けれども「通過論法」によって、それまで論点であったものからは、ピントが外れます。そして、新しい話題についてピントをあわせていくことになります。このことから、もともとの話題についての重要度を、低くするができます。
:(論点を)ぼかす、ぼやかす、無視、軽んじる、軽視、黙殺、取りあわない
効果3それまでの話題が、これ以上続くことを避ける
「通過論法」というのは、それまでの話題を強制的に変えることです。なので「通過論法」は、それまでの話題が続くのを、さえぎることになります。
:拒否、封じる、制止、禁止

使い方

使い方1関係のない話題を、いままでの話題と入れかえる
これが「通過論法」の、基本的な使い方になります。つまり、それまでの話題をほかの話題へと切りかえるときに使われます。
:変える、変化、変動、急変、豹変、一変、一転、変更、変換、換える、取りかえる、入れかえる、置きかえる、乗りかえる、切りかえる、転換、移行、移す、置きかえる、移動、転移、移行
使い方2以前の話題よりも新しい話題のほうに、強く気持ちを向かわせる
いままでの話題ではなく、ほかの新しい話題にほうへと逆転させるのが「通過論法」です。そしてこのばあいには、たしかに、あからさまに話題を変えることもあります。けれども、それとなく内容を移しかえるほうが効果があります。
:逆用、逆転、逆手、他へ向ける、他、外
使い方3考えもしなかった方向に、話の流れを変える
「通過論法」では、それまで考えもしなかったような向きに、話題を転じます。言葉のやり取りというのは、おたがいの話が「かみ合っている」のが原則です。この原則を破るのが「通過論法」だといえます。
:思いがけない、思いもよらない、図らずも、意外、意想外、予想外、意表、不意に




例文を見る例文を見る(末尾)

引用は、『さくら荘のペットな彼女』1巻からです。

ここは、高校の寮「さくら荘」。主人公の空太(そらた)は、この寮で暮らしている。

ある日、この「さくら荘」に、新たな住民がやってくる。名前は、椎名ましろ。美術科に編入してきた。ましろは、現代デザインアートの有名人だという。そして、その名声にたがわぬ実力をもっている。

が、ましろには重大な問題点があった。それは、「絵を描くこと」以外のことは何もできないということ。具体的には、ひとりで着がえることができない。自分の下着を自分で選ぶことができない。水道の蛇口の閉めかたを、知らない。コンビニの棚にある食品を、レジを通すまえに商品を食べはじめる。などなど。

空太がそのことを問いつめたのが、引用のシーン。

いま空太が話題としているのは、「どのように人生を送れば、ましろのような人になるのか?」ということ。

それに対して、ましろ。「絵を描いてきた」とのこと。このあたりが「転送論法」となります。ましろが意識的に「転送論法」やっているのではないとは思う。でも、「ましろの人生うんぬん」が話題になるのを避けて、「絵を描いてきた」と何度もくり返している。これは実質的に「転送論法」といえます。




レトリックの呼び方

呼び方 通過論法
呼び方 脱線・脱線陳述


関連レトリック

論議拒絶、暗示推論法、予防論法(予弁法)、三段論法

参考資料

●『レトリック事典』(佐藤信夫[企画・構成]、佐々木健一[監修]、佐藤信夫・佐々木健一・松尾大[執筆]/大修館書店)

たぶん日本語の文献では、この本が一番くわしく書いてあります。2ページだけど。
●『大修館英語学事典』(松浪有・池上嘉彦・今井邦彦[編] /大修館)
 
(私が知る限り)、上記の事典のたぐいで日本語の文献で「apoplanesis(脱線陳述=通過論法)」を載せているのは、残念ながら、この本だけでした。1行くらいの解説だけど。
●〈レトリックを解説している英語サイト〉
 
というように、解説に困ったときには。インターネットを使うことで、問題を解決することがあります。便利なことに、英語で書かれたサイトでも瞬時に手に入れることができます。私は学生時代、英語が(かなり)苦手だったので、皆さまに見せるような翻訳ではありません。ですが、5〜6か所の英語サイトを、ページ作成の参考にしました。


このサイト全体からのサーチ
 
「使う目的別のページ」の中からサーチ
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類