このページは、 のページにあったものを引き継いでいます。
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類
 
陽否陰述 ようひいんじゅつ apophasis
——『さよなら絶望先生』1巻140〜141ページ(久米田康治/講談社 少年マガジンコミックス)
糸色望 君も
このクラスの
生徒さんなんですか」
あなたが
普通で良かった
なにせ
このクラスには
31……いや32人の
絶望的な
生徒さんがいるのです!!
いわば 絶望教室」
日塔奈美 愕然)
糸色望 ちなみに
吐血により
隠れてしまっている
部分は
まだ
考えてないとか
そーゆうんじゃ
ありません
木津千里 コーヒー
こぼしただけじゃない。」
——『さよなら絶望先生』1巻140〜141ページ
(久米田康治/講談社 少年マガジンコミックス)


定義重要度

陽否陰述は、見せかけだけの否定です。つまり、表面上はある事実を否定しておきながら、実際には否定したはずのフレーズが強調されるというものです。


効果

効果1わざと否定したフレーズを、逆に強調することができる

あるフレーズを肯定したい、と強く思っている。その時、そのフレーズの反対に否定してみせます。これによって、強い肯定のフレーズをつくりだすことができます。
:強調、強い、強まる、強める、強化、増強

使い方
使い方1ことさら否定をすることによって、逆にそのフレーズが強調する

「陽否陰述」では、カタチの上では否定されます。表面上では否定されます。ですが、じつはこれが肯定されることになります。



例文を見る例文を見る(末尾)

引用は、『さよなら絶望先生』1巻。

このクラスには、とっても変わったヒトがいる。まず担任の「糸色望(いとしきのぞむ)」からして、変わっている。ときどき「○○に絶望した」と叫んだり、たびたび自殺未遂したりする。なお、「糸色先生」は「自殺未遂」が好きなのであって、自殺したいのではないらしい。

この変わっているクラスメイトの中で、もう1人紹介しておきます。引用した画像に出てきている、「木津千里」。彼女は、「几帳面」で「粘着質少女」。なにごとをするのにも、キッチリしていないと気がすまない。

そんな、かなり「クセ」のありそうな生徒のそろったこのクラス。そこを「糸色」が担任をしている。で、このクラスにいる生徒の名簿が出てきているのが、このシーン。

だけれども、名簿が汚れている。それが「吐血」によるものなのか、それともコーヒーをこぼしただけなのか。それは、どっちでもいい。大事なのは、名簿のくせにクラスメイト全員のプロフィールが分からなくなっているということ。ここを、まず押さえておきます。

そして。この「ところどころ見えない」名簿について、担任の「糸色」の口から出たコメント。これが、「反語的否認」にあたります。
隠れてしまっている
部分は
まだ
考えてないとか
そーゆうんじゃ
ありません
というところです。ここは、
【見せかけだけの否定】
 「クラス全員のことが書いてある名簿ではないというのは、まだ考えていないからではない」

【伝えたいホントのこと】
 「まあホントは、まだ考えていない。だから、吐血(orコーヒー)で汚しておいたんだけどね」
という。「見せかけ」と「ホントのこと」とが、正反対になることばづかい。表面では「ちがう」と言っておきながら、ウラでは「そうなんだよ」といった二面性のあることばづかい。こういった言ったことと逆のことを伝えようとするのが、「反語的否認」です。

なお。
この例は、作者が話の流れで、ワザと「反語的否認」となるようにストーリーを作ったということ。これは、とても重要なことです。

もしも「クラスメイト全員の性格とか特徴とか」が、ホントに決まっていないのならば。べつに、この場面で「クラス名簿」を描く必要はありません。

また、「クラス名簿」を書くにしても。「吐血(orコーヒー)で見えないところがある」なんていう絵を描かなくたってよかったはずです。今まで出てきたキャラクターの部分だけズームアップさせた「クラス名簿」を描くことだってできるはずです。

なのに。あからさまに「吐血(orコーヒー)」で隠れてしまったクラス名簿を描く。その上で、
隠れてしまっている
部分は
まだ
考えてないとか
そーゆうんじゃ
ありません
という、ムリな言いわけをする。こんなことをしているのは、このシーンを「反語的否認」と受けとってほしいからに違いありません。
「まあホントは、まだ考えていない。だから、吐血(orコーヒー)で汚しておいたんだけどね」
といったことを伝えようとしているためです。

なお。
『さよなら絶望先生』というコミックスは、たくさんの「レトリック」が登場します。「少年コミック」で、これだけ多くの「レトリック」が見つかるのは、ほとんどありません。ですので、このサイトで引用させていただいているコミックも、「少女コミック」が多くなっています。



レトリックを深く知る

深く知る1「陽否陰述」のくわしい説明
あることについて。オモテに出てきている言いまわし、それだけを見ると「否定」をしているように見えます。つまり、文字どおり受けとったのなら「○○ではない」ということを言っているように思える。

ですが、それは「ワザと否定している」だけなのです。よく考えてみると、「ホントは、ことばどおりの意味で言っているのではない」ということが分かるものなのです。「ホントは○○なんだけどね」ということを、ほのめかしている。——それが「陽否陰述」です。

つまり。「見せかけだけは、ワザと否定しているように見せかけて、本心では肯定を暗示するレトリック。これが「陽否陰述」です。わざと目立つように否定してみせることで、逆に肯定であることを示すことになります。

深く知る2「陽否陰述」に近いレトリック
この「陽否陰述」は、「皮肉法」の下位分類にあたるレトリックです。そちらも参照して下さい。



レトリックの呼び方

呼び方 陽否陰述
呼び方 反語的否認


関連レトリック

皮肉法偽悪的讃辞反語的讃辞、反語的緩和、反語的期待、あげ足取り修辞的疑問、冷嘲法、愚弄的皮肉、嘲笑的あてこすり、愚弄、嘲弄、迂言法虚言諷刺

参考資料

●『言葉は生きている—私の言語論ノート—』(中村保男/聖文社)

この「陽否陰述」は、扱っている文献がほとんどありません。いちばん長めに取りあげているこの本を、とりあえずあげておきます。


このサイト全体からのサーチ
 
「使う目的別のページ」の中からサーチ
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類