• ——『さよなら絶望先生』1巻140〜141ページ(久米田康治/講談社 少年マガジンコミックス)
    • 糸色望「君も
      このクラスの
      生徒さんなんですか」
    • 「 あなたが
      普通で良かった
      なにせ
      このクラスには
      31……いや32人の
      絶望的な
      生徒さんがいるのです!!
      いわば 絶望教室」
    • 日塔奈美 (愕然)
    • 糸色望「ちなみに
      吐血により
      隠れてしまっている
      部分は
      まだ
      考えてないとか
      そーゆうんじゃ
      ありません
    • 木津千里 「 コーヒー
      こぼしただけじゃない。」
  • ——『さよなら絶望先生』1巻140〜141ページ
    (久米田康治/講談社 少年マガジンコミックス)

スマホへ対応するための応急措置をしています。なのでレイアウトが少しヘンですけれども内容は全く問題ありません