このページは、 のページにあったものを引き継いでいます。
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類
 
論議拒絶 ろんぎきょぜつ apodioxis
——『涼宮ハルヒの憂鬱』1巻7ページ ([原作]谷川流・[漫画]ツガノガク・キャラクター原案]いとうのいぢ
 (角川書店 角川コミックス・エース)
ハルヒ この中に
宇宙人・未来人・
異世界人・超能力者がいたら
あたしのことろへ来なさい
以上!
——『涼宮ハルヒの憂鬱』1巻7ページ
([原作]谷川流・[漫画]ツガノガク・
[キャラクター原案]いとうのいぢ
(角川書店 角川コミックス・エース)


定義重要度

論議拒絶は、相手が出してきた(または出してきそうな)質問に対して、答えるまでもないとして拒否する、というレトリックです。


効果

効果1答えるまでもない」ものにあてまはる具体例
と、その前に。
最初に書かなければならないことがあります。

それは、(後で「特に参考となる資料」のところでも書きことに触れることがますが、)この「論議拒絶」というレトリックは、日本の本では、ほとんど見受けられないということです。

仕方なく、英文のサイトをいくつか拾い読みました。ただし、私が学生時代の英語力はひどいものでした。なので、どれほどうまく翻訳することができるかが疑問ですが。

さて、本題に戻って。
どういったものが「答えるまでもないもの」に当たるのか。
この具体例には、いろいろなタイプがあります。
  • ばかばかしい(absurd)
  • 生意気な(impertinent)
  • 悪ふざけをしている(wicked)
  • ウソをついている(false)
  • 必要のない(needlass)
とったことがあったときに。いうまでもない議論だとして拒否ができると書かれていました。ただし、あまり英語が分からない私が理解したところによると。
:ばかばかしい(不条理な)、生意気な、悪ふざけをしている(不道徳な)、ウソをついている(虚偽)、必要のない

使い方

使い方1相手の主張を無視する
相手の話そうとしている話題、または話そうとしている話題。これについて、話し相手の言葉を無視する。これが「論議拒絶」です。
:無視、拒絶
使い方2無視をする理由
相手が合理的ではない話題になったとき、または必要なものではなかったと判断したとき。その時に、話し相手を無視することによって「論議拒絶」を作ることができます。

注意

注意1論議拒絶による相手への攻撃
「論議拒絶」は、相手の意見を拒否して無視してしまうことです。それは、時によっては相手が主張している考え方のほうが正しい、と認めたことになりません。ですので「論議拒絶」は、時と場合によるレトリックです。



例文を見る例文を見る(末尾)

引用は、『涼宮ハルヒの憂鬱』1巻からです。

キョンは、今日から高校生。これから高校生としての一歩を踏み出す。
そしてまず自己紹介という、ありがちなイベントがはじまることになった。

ここでハルヒが自己紹介をする、という順番が回ってくる。
で、その内容がすさまじい。

まず、「宇宙人・未来人・異世界人・超能力者」の部分。ここでいくつかの単語が並べられているレトリックは、「列挙法」または「列叙法」にあたります。くわしくは、それぞれのページをご覧下さい。

ここで、「論議拒絶」の例としてあげたいと思っているもの。それは、「以上!」という部分です。


今回の「論議拒絶」は、このときハルヒが用いたものです。決して、キョンだとか(ハルヒを除いた)クラスメイトが使ったものではありません。

具体的に書きましょう。
ひとりひとり、順番に自己紹介をするという行動が、意味のないことに思えて仕方がない。なのでこのシーンで、たぶんハルヒは「ばかばかしい(absurd)」ものを感じたのでしょう。

そのためハルヒは、自己紹介を必要ないものと考えて、「以上!」で終わらせている。つまりこの「以上!」によって、それ以上の議論を拒んでいる、ということになります。

ですので、これは(ハルヒによる)論議拒絶ということができます。




レトリックの呼び方

呼び方 論議拒絶
呼び方 黙殺



別の意味で使われるとき

似たつづりのことば

このページで扱っているのは、「Apodioxis」です。しかし、googleで検索すると、
「もしかして、Apomixis」
と表示されます。
ですがこれは、このページで扱っている「Apodioxis」とは違うものです。レトリックの用語ではありません。詳しくは[WikipediのApomixis参照]のほうにお任せしますが、どうも生物関連の単語のようです。



関連レトリック

通過論法、暗示推論法、予防論法(予弁法)、三段論法

参考資料

●『レトリック事典』(佐藤信夫[企画・構成]、佐々木健一[監修]、佐藤信夫・佐々木健一・松尾大[執筆]/大修館書店)

たぶん日本語の文献では、この本が一番くわしく書いてあります。1ページだけど。
●『大修館英語学事典』(松浪有・池上嘉彦・今井邦彦[編] /大修館)
 
(私が知る限り)、上記の事典のたぐいで日本語の文献で「apodioxis(論議拒絶)」を載せているのは、残念ながら、この本だけでした。1行くらいの解説だけど。
 ●『研究社新英語学事典』(大塚高信ほか /研究社)

 
 この本にいたっては、
「Apodioxis(強行拒絶)」
という、1行にも達しない説明があるだけ。
●〈レトリックを解説している英語サイト〉
 
というように、解説に困ったときには。インターネットを使うことで、問題を解決することがあります。便利なことに、英語で書かれたサイトでも瞬時に手に入れることができます。私は学生時代、英語が(かなり)苦手だったので、皆さまに見せるような翻訳ではありません。ですが、4〜5か所の英語サイトを、ページ作成の参考にしました。


このサイト全体からのサーチ
 
「使う目的別のページ」の中からサーチ
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類