TOPページ 語尾音消失
関連レトリック 語尾音消失

語尾音消失 ごびおんしょうしつ apocope

  • -『ヘイビィ★LOVE』2巻157ページ(椎名あゆみ/集英社 りぼんマスコットコミックス)
    • せあら「 将来プロになろーって
      人をぬけるワケ ないじゃん!」
      (ぷんっ)
    • 柊平「俺 プロになる つもりないよ
      俺は雷みたいに 将来これで食っていける
      ようになりたいなんて 思ってないよ
      なりたいものは 別にある」
    • せあら「そうだったの!?
      全然知らなかったなあ
      てきいり柊ちゃんは
      バスケ選手になるもの
      だとばかり… なりたいものって何?」
    • 柊平「おまえも 教えるか?」
    • せあら「え?」
  • -『ヘイビィ★LOVE』2巻157ページ
    (椎名あゆみ/集英社 りぼんマスコットコミックス)

  • 定義重要度
  • 語尾音消失とは、ことばの最後にある部分を省略するレトリックです。つまり、語句の末尾に来るべき音を、はぶいてなくすものです。
  • 効果
  • 効果1音の数を減らして、より使いやすくする
  • 一般に「語尾音消失」を用いるのは、それによって言葉の「音」の数を減らし、より使いやすくするためだと言えます。
  • :便利、有用、有益、便益、使いやすい
  • 効果2詩を作るときに、韻律を踏むため
  • とくに西洋では、「語尾音消失」は詩を作るときに使われます。詩を作るときには、韻律を踏みます。そのときに「語尾音消失」をさせることによって、単語の最後を切り取る。そのことで、押韻をすることができることになります。
  • :詩、詩歌、韻律、調子、語調、音調、リズム
  • 効果3話しことばで使われている
  • この「語尾音消失」は、話しことばでよく見られます。これは、書きことばよりも話しことばのほうが、ことばを使うときに自由度が高いからです。
  • :話しことば、口語、自由、自由自在、自在、思いのまま、臨機応変、柔軟


  • 例文を見る例文を見る(末尾)
  • 引用は、『ベイビィ★LOVE』2巻から。

    主人公は有須川せあら。

    せあらは子どもの頃、瀬戸柊平という男の子に一目惚れをする。が、「チビスケ」と一蹴されてしまう。
    しかし柊平に対するその恋の気持ちは、小学6年生になったいまでも持ち続けている。

    そこで「せあら」は、柊平の一家に同居するというスゴい技を使う。この同居生活の中で、柊平に好きになってもらおうと一生懸命になる。

    しかし、柊平はニブい。柊平が中学3年生で、「せあら」が小学6年生だということもあるけど、「せあら」の恋心には全く気が付かない。柊平は雷という友だちに、こんな風に思われてしまう。
    • 柊平「あれ でも せあらに
      好きな奴がいるのは
      確かだぜ
      じゃあ一体
      誰のことだ」
    • 雷( おまえだよ おまえ!
      2か月以上一緒に
      暮らしてて なんで
      わかんねーんだよ
      このドンカン!
      あほんだら)
    • (174-177ページ)
  • そんなある日の夕方。「せあら」が公園にいると、柊平がやってくる。そして、せあらと柊平の2人で、バスケットボールをはじめる。そこでの会話に「語尾音消失」を見つけました。
    • 2回出てくるプロという言葉
    • それと、バスケという言葉
  • が、その「語尾音消失」です。

    「プロ」のほうは、正式名称は「プロフェッショナル」。なので、「フェッショナル」がなくなっていることから「語尾音消失」と言えます。これは日本で使われるだけでなく、英語でも"pro"で通用するみたいです。

    また「バスケ」のほうは、正式名称は「バスケット・ボール」。なので、「ット・ボール」がなくなっていることから「語尾音消失」と言えます。こっちは和製英語なので、英語を話す人には通じません。


  • レトリックを深く知る
  • 深く知る1「語尾音消失」の具体例
  • 上にで書いた例のほかには、こんなものがあげられます。
    「テレビジョン」の「ジョン」が消えて「テレビ」だけになったりするのが、この例にあたります。このように、「語尾音消失」をしたもの(この場合なら「テレビ」)のほうが、もはや一般に使われる形になっているものもあります。
  • 深く知る2「短縮語」のグループ
  • 「語尾音消失」は、「短縮語」にふくまれるレトリックです。「短縮語」にふくまれるものとしては、ほかに、
    • 言葉の最初の部分を省略するのは「語頭音消失」(「アルバイト」が「バイト」になったりする場合)。
    • 言葉の中間の部分を省略するのは「語中音消失」(「キモチわるい」が「キモい」になったりする場合)。
  • があります。そちらもご参照ください。

    このように、「短縮語」には「語頭音消失」「語中音消失」「語尾音消失」の3つがあります。ですがその中で、一番よく使われるのは「語尾音消失」です。
    なぜかというと、言葉はその最初の部分に、その言葉全体を連想させるような情報を多く持っているからです。
  • 深く知る3「国の名前で使われる「語尾音消失」
  • そういえば「国の名前」も、「語尾音消失」の宝庫です。
    • 「独逸」は「独」に省略される(「ドイツ」です)。
    • 「露西亜」は「露」に省略される(「ロシア」です)。
    • 「仏蘭西」は「仏」に省略される(「フランス」です)。
    • 「英吉利」は「英」に省略される(「イギリス」です)。
  • といったぐあいに、その国の人たちを無視して勝手に省略してしまいます。
  • 深く知る4「語尾音消失」の長さ
  • ふつうことばが省略されると、2音節から4音節くらいの長さにまとまります。ここでいう「音節」というのは、「ひらがな」「カタカナ」にしたばあいの文字の数と同じようなものだと考えてください(-厳密には違うけど)。

    ですので、「2音節から4音節くらいの長さにまとまる」といったばあい。おおざっぱにいえば、「省略することによって作られたことばを「ひらがな」「カタカナ」で数えると、2つ?4つくらいになる」という意味になります。

    それはなぜかというと。
    省略したのにもかかわらず、まだこれ以上長いことばだとしたら。それでは省略した意味が、ほとんどなくなってしまいます。つまり「長すぎると、使いづらいまま」なのです。

    だけど、もしもこれ以上短く省略してしまったとしたら。もはや何を言いたいのかが、分からなくなってしまいます。ようするに、「短すぎると、ことばとして伝わらない」のです。

    だから、ふつう省略した言葉は2音節?4音節にまとまります。それはつまり、誤解をおそれずに書けば「ひらがな・カタカナの2文字~4文字に落ち着く」といったようなことです。


  • レトリックの呼び方
  • 呼び方
  • 語尾音消失
  • 呼び方
  • 語尾音脱落・語尾音省略
  • 呼び方
  • 語尾音除去・後約・下略

  • 参考資料
  • ●『ありえない日本語(ちくま新書 524)』(秋月高太郎/筑摩書房)
  • 「なにげない」が「なにげに」にかわった理由。その考察が、書かれています。厳密にいえば「なにげに」は「語末音消失」ではないのですが、いろいろと深みのあることがかかれています。(「なにげに」=「なにげない」?「ない」+「に」なので、たしかに「ない」は除去されている。けれども、「に」は加えられている。そのため、典型的な「語尾音消失」ではない)