このページは、 のページにあったものを引き継いでいます。
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類
 
警句 けいく aphorism, epigram
——『白眼子』88ページ(山岸凉子/潮出版社 希望コミックス)
どうやら
人の幸・不幸は
みな等しく
同じ量らしいんだよ

私ができるのは
せいぜいそれを
そちらか一方に
片寄らせない
ことぐらいだ
—『白眼子』88ページ
(山岸凉子/潮出版社 希望コミックス)


定義重要度

警句は、短いフレーズを使って、意表をつくような巧みな考えかたを示すものです。


効果

効果1あるモノゴトをについて「忠告」したり、「いましめたり」する。

「警句」は、おおくのばあい「忠告」や「教訓」などのために使われます。
:注意、忠告、忠言、教訓、諫言、さとす、いましめる、戒告、勧告、警告
効果2目新しい考えかたを示す

だれでも世の中に対しては、「型どおりの」考えかた、というものがあります。それに対して「警句」は、今までの考えかただけではない、べつの視点をあらわすことができます。
:意外、思いがけない、思いもよらない、予想外、新鮮な、新しい、生き生き、奇想天外、真新しい、型破り、奇抜、特異、斬新、視点、着眼点、ピント、角度、目新しい、意表をつく、思いがけない、図らずも
効果3あるモノゴトに関して、するどい考えかたを与える

今までとは違った考えかたでありながら。意表をつくような、巧みな考えかたを与えることができます。それは、すぐに気がつくような「するどい」言いまわしだということもあります。また、あとになってから身にしみてくるような、深みがあるものだということもあります。
:巧みな、巧妙、するどい、シャープな、含蓄、含みのある、するどい
効果4「うまみ」のある表現となる

「警句」では、今までとは違う、新しい考えかたをその場でつくりだすものです。それはつまり、とっさに機転の利いたことを言うことができるということです。ですので、すばやく「警句」を使うことができるヒトは、かなり機転の利くヒトだといえます。
:機智、ウイット、機転
効果5世の中を諷刺することができる

この最後のものに限っては。「警句」を使えば必ずしも効果が出る、とは限らないのですが。この「警句」が、世の中の全てに向けられているばあい。この「警句」は、「諷刺」や「皮肉」となることもあります。そして、このように「警句」が用いられるときには。世の中の「真理」や「道理」について、今までとは違った見かたを与えていることになります。
:諷刺、諷する、皮肉、寸評、批判、道理、ことわり、真理

使い方

使い方1今までに誰も思いつかなかったフレーズをつくる

この「警句」は、「格言」などのレトリックと重なりあう部分があります。だけれども「警句」は、「格言」などのレトリックとは大きな違いがあります。それが、「今までに使われたことのあるフレーズ」であるかどうか、という点です。「ことわざ」や「故事成語」などは、おおぜいの人々に広まっています。ですが「警句」は、使うヒトがつくりだした、新しいものです。ここが、「警句」の大きな特徴です。
:創作、誕生、作成、つくり出す、創造、創作、独立、一本立ち、独特、ユニーク、独自
使い方2短いフレーズに、大きなコトを含ませる

「警句」では、使うフレーズは短いものとなります。言いかえれば、簡潔である必要があるというわけです。けれども、その短いフレーズからは多くのことが導きだされることになります。たとえば、世の中の「真理」であるとか「道理」だろうとかいった、大きなモノゴトに話が及んでいるばあいがあります。
:手短、簡潔、端的、単刀直入、短い、シンプル、単純

注意

注意1エラそうな言いかたになる

「警句」は、「注意」や「教訓」などに使われます。そのため、「上の立場のヒトが、下の立場のヒトに言う」というカタチになりがちです。つまり、「エラそうな」言いまわしになってしまうのです。



例文を見る例文を見る(末尾)

引用は『白眼子』から。

主人公は、自分の名前もわからないうちに家族とはぐれてしまった女の子。彼女を拾ってくれた人から「光子」という名前を新しくつけてもらう。

で、光子を拾ってくれた家には、「白眼子」を呼ばれる男がいた。彼には何らかの超能力がそなわっているようで、どきどき占いみたいなことをしたりする。「白眼子」は、占い師とか易者とか呼ばれるのを嫌っていたようですが。

で、その「白眼子」がふと口にした言葉が、今回の引用部分です。
どうやら
人の幸・不幸は
みな等しく
同じ量らしいんだよ
というところは、短いことばで強い独立性をもっている。そして、物事の真理を鋭くついている。こんなようなものが「警句」といえる表現です。



レトリックを深く知る

深く知る1「警句」に近いレトリック
はじめにも、ちょっと書いたように。「警句」に近いレトリック用語は、いろいろあります。そして、「アフォリズム(aphorism)」や「エピグラム(epigram)」といったように、日本語と同じように英語にも、似たようなレトリック用語がたくさんあります。

ようするに。
レトリックの学者によって、定義がバラバラなのです。ある1つのフレーズを、「警句」にするのか「格言」にするのか。それとも「箴言」にするのか。ぜんぜん、一致するポイントが見あたりません。

それでも。それに対応する英語をならべてみました。
これは、「ことわざ」だとか「格言」だとか。そういった用語に対応していそうな、英語を書いてみたものです。この表を使うことで。「ことわざ」だとか「格言」だとかの境界線を、どこに引くか。その判断をするための資料として、役に立つかと思います。
日本語 当てはまるレトリック用語
寓言・たとえ話 parable
格言 sentence, maxim
箴言 proverb
ことわざ adage, paroemia
なぞ enigma, riddle
寓話 fable
警句 aphorism, epigram
しかし。
現実には、こんなにキッチリと区別できません。それは、日本語のほうにも英語のほうにも当てはまります。

ですので、とりあえすの参考のものと考えておいてください。上に書いた表は、「だいたいこんなもの」という程度のものです。間違っても、左に書いた日本語と、右に書いた英語とが、一対一で対応しているわけではありません。というのは、完全にこれらを振り分けることは非常に困難だからです。

なお、くわしくは「成句・イディオム」のページを参照してください。

深く知る2「警句」と「格言」との関係

「警句」と、かなり似ているレトリックに「格言」があります。

この「格言」と「警句」という2つのレトリックは、多くの共通点があります。ですので、この2つのレトリックを特別に分けて考えないものもあります。

ですが、「格言」と「警句」との大きな違いがあります。それは、つぎの3つです。

深く知るa「警句」は、意外性のあるフレーズである必要がある
「警句」は、ふつうでは思いもよらない、といった意表をついたものであることが求められます。これに対して「格言」は、意外性のある奇抜なフレーズである必要はありません。

深く知るb「警句」はふつう、短いフレーズになる
「警句」は、短い簡潔なフレーズが使われます。ですが「格言」は、特に長さに関する制限はありません。簡潔なものもあるし、長いものもあります。

深く知るc「警句」は、諷刺や皮肉のために使われる
「警句」の場合には、諷刺や皮肉を含んでいることがポイントとなります。これに対して「格言」は、諷刺や皮肉といったものは求められません。

深く知る3「奇先法」と「警句」との関係

たまに、「奇先法」というレトリック用語が使われることがあります。

この「奇先法」の関係でいうと、
  • 短い警句表現のあとに、その説明・理由のあるものが「奇先法

  • 短い警句表現だけで、その理由などは書いていないものが「警句」
というふうに分けることができます。しかし、「短いことばで真理を鋭くつく」という点は、両方とも似たような効果が出ます。



レトリックの呼び方

呼び方5 警句・警句法
呼び方3 アフォリズム



関連レトリック

成句・イディオムことわざ寓言、寓話、格言、金言、箴言、故事成語、慣用句、あいさつことば、決まり文句・クリシェ奇先法省略法転成(品詞転換)

参考資料

●『日本語の文法・レトリック辞典』(中村明/東京堂出版)

「警句」やら「格言」やらを、どのあたりで区分けするか。このサイトで、そのことを考えるに当たって、いちばん参考にした本です。もちろん、参考となる本です。
●『増補新版 ことばの姿』(外山滋比古/芸術新聞社)

「アフォリズム(≒警句)」について、幅広い考察が書かれています。書き手が、みずから「アフォリズム」を作る場合についても触れられています。

_
このサイト全体からのサーチ
 
「使う目的別のページ」の中からサーチ
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類