このページは、 のページにあったものを引き継いでいます。
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類
 
漸降法 ぜんこうほう anticlimax
『天正やおよろず』1巻137ページ(稀捺かのと/エニックス GANGAN WING COMICS)
ライル シュタタタタタ)
↑だんごを素早く作る音
観衆 おおー!!速ーっ!!」
ライル よし!!
このくらいでいいか」
観衆 おおー
すごい量だー」
ライル この中で
一番いいのは…」
(じっ…)
観衆A おお さすが
ライルくん!!
観衆B さすが 職人!!
観衆C さすが こり性!!
観衆D さすが 神経質!!
観衆E さすが 苦労人!!
観衆F さすが 胃炎持ち!!
ライル だまってろーっ!!!
(集中 できんわー!!)」
『天正やおよろず』1巻137ページ
(稀捺かのと/エニックス GANGAN WING COMICS)


定義重要度

漸降法は、だんだん言葉を弱めていくレトリックです。つまり、次第にトーンダウンしていくというものです。言いかえれば、ことばの順を追って、次第に勢いをおとろえさせるものです。


効果

効果1たんだんと尻すぼまりになる

「漸降法」では、次第に尻すぼまりになることによって、結果として竜頭蛇尾に終わることになります。
:尻すぼまり、すぼむ、すぼまる、すぼめる、つぼむ、つぼまる、つぼめる、後戻り、減退、退行、竜頭蛇尾、挫折、腰くだけ
効果2おもに自らを、茶化すことになる

多くのばあい、あざけったり茶化したりする対象は自分自身です。つまり、言いかえれば「自嘲」ということになります。
:自嘲、揶揄、からかう、ひやかす、ひやかし、茶化す、はやす、はやしたてる、あざける、あざけり、もてあそぶ
効果3上品だったものを、だんだんと滑稽な表現にしていく

その話は、さいしょは高級で上品たっだ。だけれど、だんだんと下らないほうへ転落してしまう。最後には、取るにたらないようなナンセンスなものになってしまう。このプロセスのばかばかしさが、「漸降法」の特徴です。
:滑稽、下らない、ナンセンス、ばからしい、ばかばかしい、おもしろい、おかしい、ユーモア、ユーモラス、皮肉、皮肉る、アイロニー、諷する、当てつける、当てつけ、当てこする、笑い、笑う、オチ、話題、些細、わずか、たった、微々、微少、ちょっと、大して、あまり、軽少、取るにたらない

使い方
使い方1しだいに、段階をふんで表現を弱めていく

表現を、強いものから弱いものに、または深いものから浅いものにする。べつの言いかたをすれば、大きなものから小さなものに、だんだんと調子を弱める。そのことによって。「漸降法」を作ることができます。
:弱める、弱まる、傾く、傾ける、衰える、衰微、消沈、低落、凋落、だんだん、次第に、徐々に、少しずつ、トーンダウン



例文を見るその1例文を見る(末尾)

引用は、『天正やおよろず』1巻から。

暦は天正、のちに安土時代と呼ばれるころ。この時代には、「喰(じき)」と呼ばれる魔物がよみがえろうとしていた。
その「喰」に立ち向かおうというのが、このお話のメインの登場人物。主人公の「ライル」と、「薙刃(なぎは)」「鎮紅(しずく)」「迅伐(はやぎり)」という3人の少女。

なのですが、これまた引用した部分は、そういった設定とはあまり関係ありません。
では、一体どういう場面なのかというと、次のようになります。

甘味処「さくら亭」で、リニューアルオープン記念目玉イベントがはじまった(130ページ)。このイベントは、素人が「だんご」を作って、そのできばえを競争する、というもの。

「ライル」たちメインキャラの4人も、このイベントに参加することにする。一位を勝ち取った人に贈られる景品になっている「豪華温泉ご招待」。これに、つられたみたいです。

で、4人それぞれの作りかたを見てみる。すると、「ライル」が「だんご」を作る速さは、ものすごい。たちまち、すごい量になる。

それを観ていた人々の声が、「漸降法」になっていると考えます。
はじめは、
おお さすが
ライルくん!!
というように、ほめています。ですが、
さすが こり性!!
のあたりから、段々と雲行きがあやしくなっていきます。で、
さすが 神経質!!
というあたりまでくると、もうこれは「ほめことば」ではなくなっています。そして最後には、
さすが 胃炎持ち!!
とまで言われてしまいます。

このように、「さすが」とほめていたことばが段々と弱まって、最後には「胃炎持ち」とまで言われてしまいます。このことばのならび方を、「漸降法」とします。



レトリックを深く知る

深く知る1「漸降法」の典型的な例

この「漸降法」の例としては、
十で神童、十五で才子、二十過ぎればただの人
といったようなものが、あげられます。順を追ってだんだんと、トーンダウンしている表現だといえます。

深く知る2「漸降法」とほかのレトリックとの関係

「漸降法」と「漸層法(広義の)」。この2つは、だんだんと段階を踏んでことばをつなげていくところは、同じです。そのため、「漸降法」を「漸層法(広義の)」に1つにまとめるばあいもあります。

ですがこのサイトでは、「漸降法」と「漸層法(広義の)」との「効果」には大きな違いがあることから、これを分けて説明することにしました。

そうするとこの「漸降法」は、「漸層法(広義の)」の小分類のひとつに当たると位置づけることができます。

つまり。
おおきく、「漸層法(広義の)」と呼ばれるレトリックには、
漸層法(狭義の):ことばを、段階を追って強めていくもの(もっとも典型的な「漸層法」)
漸降法:ことばが、段階を追って弱まっていくもの
という、2つのパターンがあるということになります。

くわしくは、「漸層法(広義の)」のページを、参照してください。

また「漸降法」は、ちょうど「漸層法(狭義の)」を逆転させたものにあたります。

そのため、原理としては「漸層法(狭義の)」と「漸降法」は、同じようなものということができます。したがって、表現によっては「漸層法(狭義の)」なのか「漸降法」なのか、はっきり区別するのが難しいものもあります。

ですが。
いちおう理屈としては、つぎのようなことがいえます。それは、
  • 漸層法(狭義の)」 :「伝えたいメッセージ」のレベルが、だんだんと強くなっているもの
  • 「漸降法」 :「伝えたいメッセージ」のレベルが、だんだんと弱くなっているもの

——『魔法先生ネギま!』1巻31ページ(赤松健/講談社 少年マガジンコミックス)
アスナ そ そんなぁ
アタシ こんな子
イヤです
さっきだって
イキナリ失恋…
いや 失礼な
言葉を私に……」
ネギ いや でも
本当なんですよ」
アスナ 本当
言うな!」
大体
あたしは
ガキがキライ
なのよ!
あんたにみたいに
無神経で
チビでマメで
ミジンコで…
ネギ むーっ)
——『魔法先生ネギま!』1巻31ページ
(赤松健/講談社 少年マガジンコミックス)
ということです。つまり、「伝えたいメッセージ」を基準として考えることになります。あくまでも、そのことばを発言した人、書いた人、表明した人が、「その度合いが高い」とおもっていること.。それが、わかれ目となるわけです。

このことを、もうすこし分かりやすくするために。
ひとつ、例をあげてみます。

引用は、『魔法先生ネギま!』1巻から。

主人公は、ネギ。10歳。イギリスで、魔法使いの修業をしていた。
そして、その修業の締めくくりとして。日本で英語の先生をするように、という指示が出る。

そういったわけで。わずか10歳なのに、先生ということになった。しかも、日本で英語を教える相手は、うら若き女子中学生。

そして、アスナ。彼女は、その「うら若き女子中学生」のうちの一人。そして、かいつまんでいえば「年上が好き」。それは、ウラを返せば「ガキがキライ」ということになる。

そのこともあって、ネギ(10歳)が担任になると知って、猛烈に抗議して怒りをあらわにする。それが、引用のシーンです、
チビでマメで
ミジンコで…
ま、つまり。「ガキがキライ」なのです。

ここで問題としたいのは。
この表現が、いったい「漸層法(狭義の)」と「漸降法」の、どちらであるというかということです。

結論をいえば。これは、「漸層法(狭義の)」にあたります。つまり、表現のトーンを次第に強くする、というパターンのほうなのです。

つまり、ここでアタマに置いておかなければいけないことは。けっして、表現している中身を見て「背が低くなっている」ということに、まどわされてはイケナイということです。

もちろん。
「チビ」と「マメ」と「ミジンコ」の3つで、大きさをくらべれば。あきらかに「だんだんと大きさが小さくなっている」。いいかえれば「だんだんと背が低くなっている」はずです。

ですが。
ここで、アスナが主張していることは。あくまで、「背が低い」ということ(を非難するというもの)です。ちょっと分かりにくく書けば。アスナが言いたいのは、「背の高さ」ではなくて「背の低さ」なのです。

したがって。ここで使っているアスナのセリフは、
×) メッセージのテーマとなっている「背の高さ」というものが、だんだんと弱くなっている。
と考えて、「漸降法」にはしません。

そうではなくで、
) メッセージのテーマになっている「背の低さ」というものが、だんだんと強くなっている。
と考えて、「漸層法(狭義の)」というほうになります。

深く知る3「漸降法」の効果

「漸層法」の効果を、このページの一番上に書きました。これをさらに考えていくと、つぎの2つのことがいえます。



深く知る3じつのところ、「漸降法」にあてはまる例は、ほとんどない
ほとんどのばあい、人はなにか自分のもっている考えかたを伝えるために、ことばを並べます。そして、よりよくメッセージを伝えるためには、いちばん最後にくることばを、いちばん印象的にしたほうがいいのです。

そしてそのためには、「だんだんと調子を強くする」という方法をとることになります。それはつまり、「漸降法」ではなく「漸層法(狭義の)」になるのです。

そのため。「漸降法」は、ほとんど見かけません。

深く知るb「漸降法」は、表現をおもしろくする効果がある
というか。「漸降法」には、表現をおもしろくする効果くらいしかありません。

いちばん最初に例文としてあげた、
十で神童、十五で才子、二十過ぎればただの人
というのも。世の中の考えかたに、からかい半分の視線を向けているといえます。

『レトリックの体系』などを書いている中村明氏が、いろんな本で「漸降法」の例としているのは。
俺は浮気はしない たぶんしないと思う しないんじゃないかな ま、ちょっと覚悟はしておけ
というもの。もちろん、さだまさしの「関白宣言」にあるフレーズです。(作詞・作曲:さだまさし)

この例文でも。やっぱり、滑稽さを出してくるといったものです。というかこの歌詞を、だんだんトーンダウンして滑稽さを出している「漸降法」と読むことのできない人。そういった人たちが、この歌詞にたいして騒動を起こすことになる。

とにかく。
この「漸降法」では、コミカルさを出すということはできます。ですが、マジメに語ることはできません。

深く知る3用語の不統一について

深く知る3ちょっとした用語の不統一について
この「漸降法」に近いレトリック用語として、
  • 「漸降法」
  • 「反漸層法」
  • 頓降法
という日本語のレトリック用語と、それに対しての、
  • bathos
  • anticlimax
という英語のレトリック用語があります。
この用語をどのように区別するかについては、統一されていないように思われます。そもそも、日本語のほうには3つの用語があるのに、英語のほうには2つしか用語がない。そういったことからみても、まだ統一された考えかたがない、ということを物語っています。

この点についてこのサイトでは、次のように区別することにします。

頓降法」(=bathos)は、ことばが段々と盛り上がっていったあとに、最後で急にストンと落とすというレトリック。
「漸降法」(=anticlimax)、は、ことばが段々と弱まっていくというレトリック。
そして、あまってしまった「反漸層法」については、「漸降法」の別の呼び方だということにします。

ただしこの区分は、あくまでも、ひとつの考えかたです。他の人が書いた本だとか、他の人が作ったサイトでは、違った説明がされている場合があります。
ですので、その解説をしている人が、どのような区別をしてレトリック用語を使い分けているか。そこのところを、よく見きわめて下さい。

深く知るbちょっとした用語の不統一について——つづき
また、『レトリック事典』によると、
anticlimax
というレトリック用語には、この「漸降法」とは違った意味もあるらしい。つまり、まるで「山」のように、だんだん登っていって頂上に着いたら今度はだんだん降りてくる。そういったものも、anticlimaxに含めるらしい。

…分類するのが、さらに混乱するのですけれども。




レトリックの呼び方

呼び方 漸層法・漸層
呼び方 下降的漸層法・アンチクライマックス


関連レトリック
列叙法漸層法(広義の)漸層法(狭義の)、連鎖漸層法、頓降法飛移法変態法、頓旋法、転折法、多種列挙

参考資料

●『センスをみがく文章上達事典』(中村明/東京堂出版)

「漸降法」について書かれています。それほど大きなスペースをとっているわけではありません。ですが重要な部分について、簡にして要をえた説明がされています。
●『言葉は生きている—私の言語論ノート—』(中村保男/聖文社)

例文をあげつつ、解説をしています。「漸降法」というマイナーなレトリック用語が、かなり堀さげてあります。


このサイト全体からのサーチ
 
「使う目的別のページ」の中からサーチ
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類