TOPページ 頭韻
関連レトリック 頭韻

頭韻 とういん alliteration

  • (1)それぞれ単語に含まれている、「アクセント」がある音節を見つける。
  • (2)その「アクセント」がある音節の中で、最初にある子音を調べる。
  • (3)このようにして出てきた子音が、2つ以上の単語で同じものとなっている。

さいしょの[子音+母音]が同じならば、「頭韻」だといえる
とする考えかたをするものです。言語学のほうでは、この[子音+母音]のことを「モーラ(拍)」と呼んだりします。ですので、いいかえれば
さいしょの「モーラ(拍)」が同じならば、「頭韻」だといえる
ということになります。

「頭韻」については、この説明をする本がいちばん多いといえます。

でも。
どうして多くの本で、この「さいしょのモーラ(拍)が同じならば、頭韻といえる」と解説する本がおおいのか。その理由は、
「モーラ(拍)が同じ」ならば、「ひらがな・カタカナで書いたばあいに同じ文字が来る」
という原則を、「日本語」が持っているからです。このことを根拠とする書物は、かなりたくさん見つかりました。

この説を支持すると、「頭韻」がといえるもの。その例としては、
せばなる  さねばならぬ  にごとも  らぬはひとの  さぬなりけり
(上杉鷹山)
といたものがあげられます。「ひらがな」で書けば「先頭に同じ文字が、くり返し出てくる」ということが分かります。

なお。
このように、「同じ文字が来るから」という理由を、あまり大きく見ない立場もあります。

「モーラ(拍)」が一致するというところに、「音の一致」を感じとる。そうやって感じとった「音の一致」というものが、「頭韻」を生みだす。このような考えかたもあります。

たしかに日本語の「頭韻」では、「文字」が一致する。でも「文字」が一致するというのは、あくまで、「モーラ(拍)」が同じときには「文字」も同じになるという、日本語の「文字」のしくみがあったからにすぎない。

つまり、
  • 「モーラ(拍)」が一致
  • →「頭韻」として感じとる・「文字」が同じになる
なのであって、
  • ×
  • 「文字」が一致
  • →「頭韻」として感じとる・「モーラ(拍)」が同じになる