このページは、 のページにあったものを引き継いでいます。
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類
 
接辞添加法 せつじてんかほう affixation


定義重要度

接辞添加法は、「接頭語」「接尾語」を付けるレトリックです。つまり、意味を添えるための独立性の低いことばを、単語の前につけたり(接頭語)、もしくは後につけたり(接尾語)するものです。



レトリックを深く知る

深く知る1広い意味での「接辞添加法」
広い意味での「接辞添加法」これには、「接頭語」「接尾語」といった「接辞」をつけるもの全てを指す用語です。ですがこのサイトでは、意外性をもって「接頭語」「接尾語」が使われていることを指すこととします。つまり、「新造語法」によって新しい言葉が作られるときに使われる場合に限定しておきます。


深く知る2「愛称語」と「換喩」との関係

この「接辞添加法」は、つぎの2つに分類されます。
接頭辞法:「接頭語」をつけるレトリック。このサイトでは「ふつう付けない場合」に限定します。
接尾辞法:「接尾語」をつけるレトリック。このサイトでは「ふつう付けない場合」に限定します。
くわしくは、それぞれの項目を参照して下さい。




レトリックの呼び方

呼び方 接辞添加・接辞添加法
呼び方 接辞代入


関連レトリック

接尾辞法接頭辞法、接中辞法、新造語法転成(品詞転換)

参考資料

●『(研究社)新英語学辞典』(大塚高信・中島文雄[監修]/研究社)

辞典では、この本が多めに解説がしてあります。


このサイト全体からのサーチ
 
「使う目的別のページ」の中からサーチ
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類