スマホへ対応するための応急措置をしています。なのでレイアウトが少しヘンですけれども内容は全く問題ありません
  • 「過精密」は、常識外れの現実にあり得ない言いまわしになってなければなりません。というのは、もしも受け手の側で「本気で言っている」と思われたら、「過精密」は失敗になってしまうからです。つまり、「笑いの効果を狙っている」ということが分かってもらえないことになってしまうからです。




  • レトリックの呼び方
  • 呼び方5
  • 過精密


  • 関連レトリック
  • 参考資料
  • ●『レトリック事典』(佐藤信夫[企画・構成]、佐々木健一[監修・この項目の執筆担当]/大修館書店)
  • 「過精密」について、かなりの説明が書いてあります。これほど細かく書いてある本は、ほかに見たことがありません。…というか困ったことに、「過精密」とか「acribology」というレトリック用語は、googleで検索しても出てこないのです。出てきたのは、ウチのサイトのほか2〜3件というところでしょう。なので、この本は「過精密」の解説をしてある文献として外すことのできないものです。