• --『小人が騒ぐので』108ページ(川原泉/白泉社 JETS COMICS)
    • コスプレ
    • てれふぉん(るるるるる)
    • カワハラ「たれそ」
    • 東(編集)「東で おじゃる--
      いま来むと--
      言ひしばかりに 長月の--
      有明の月を
      待ちいでつるかな-
      いかに-」
    • カワハラ「 あやな!
      山里は--
      冬はさびしさ まさりける--
      人目も草も
      かれぬと思へば-- 」
    • 東(編集)「大丈夫なり--
      な心配せそ--
      をり知れる--
      秋の野原の花はみな-
      月の光の匂いなりけり--」
  • --『小人たちが騒ぐので』108ページ
    (川原泉/白泉社 JETS COMICS)

スマホへ対応するための応急措置をしています。なのでレイアウトが少しヘンですけれども内容は全く問題ありません
  • 定義重要度
  • 掛詞は、発音の類似性を使って、1つの言葉に2つの意味を持たせるというレトリックです。言いかえれば「掛詞」は、表面上は1つの意味でありながら、内容上は2つの意味を含ませている技巧をのことです。
  • 効果
  • 効果1機転の利いた表現を生むことができる
  • ひとつのことばに対して、2つ(以上)の意味をもたせる。このようなことができる人は、機転の利く人だという雰囲気を出すことができます。
  • :滑稽、機知、頓知、ウィット、機転
  • 効果2意外性をもたせることができる
  • 「掛詞」によって結びつけられることとなった、2つ(以上)の単語。その結びつきは、今まで考えなかったような、斬新なものになるはずです。
  • :意外性、思いがけない、思いの外、期せずして、図らずも、偶然、予想外、意表
  • 効果3歌を手のこんだものにし、イメージを豊かにする
  • 「掛詞」を使って、歌を手のこんだものにする。そのことで、歌のイメージをより豊かにすることができます。
  • :手がこむ、複雑、豊か、豊富、豊潤、潤沢、なみなみ、たっぷり
  • 使い方
  • 使い方1文脈を断絶させる
  • 掛詞をはさんだ前後で、それまでのフレーズが「掛詞」の部分で断絶し、そのあとのフレーズが「掛詞」からスタートする。そのような機能をもっています。
  • :断絶、絶える、絶つ

  • 例文を見る例文を見る(末尾)
  • 引用は『小人たちが騒ぐので』より。

    なぜか、「コスプレ」というタイトルの中で、古風な言葉づかいによる話のやりとりがされています。ちょっと分かりにくいので、「掛詞」の説明をする前に、この2人の会話を現代語に直してみます。
    • コスプレ
    • テレフォン(ルルルルル)
    • カワハラ「誰?」
    • 東(編集)「東です。
      あなたが
      『すぐにでも行こう』と
      言ったばかりに
      陰暦九月の有明の月が出てくるまで
      待ち明かしてしまいました
      どうしてですか」
    • カワハラ「ありゃ!
      山里では、冬にはその寂しさが
      いっそうまさるものです。
      今まで訪れてきた人も来なくなり、
      草も枯れてしまうと思うと」
    • 東(編集)「大丈夫です
      心配しないでください
      自然に花の開く時を知っている
      秋の野原の花はどれも
      月の匂いがします」
    と、直訳するとこういう感じになります。しかし、このように直訳しただけでは、意味のよく分からない文になってしまいます。これは、引用した部分に出てくる3つの和歌が、「引喩」としてはたらいているからです。

    ですので、多少の脚色を加えながら意訳をしてみると、こんなふうになります。
    • コスプレ
    • テレフォン(ルルルルル)
    • カワハラ「誰?」
    • 東(編集)
    • 「東です。
      あなたが
      『すぐにでも原稿を書きます』と
      言ったばかりに
      長い間待たされて
      待ち明かしてしまいました
      どうなっているんですか」
    • カワハラ「 ありゃ!
      山里での冬のように、
      私のマンガにも寂しさが
      いっそう強くなってきている。
      今まで読んでくれた人も読まなくなり、
      私の原稿も、
      草が枯れるようになってしまうと思うと」
    • 東(編集「大丈夫です
      心配しないでください
      秋の野原に咲く花が、
      自然に花の開く時を知っているのと同様に、
      あなたのマンガも締め切りに間に合えば、
      自然と人気が出てきます」
    と、意訳をすると、だいたいこんな所だと思います。

    …と、場面の説明にやたらと長いスペースを使ってしまいました。ここは、「掛詞」のページなんです。ようやく、その「掛詞」の説明に入ることにします。

    問題となっている「掛詞」が使われているのは、3つある和歌の中の2番目のものです。
    山里は--
    冬はさびしさ まさりける--
    人目も草も
    かれぬと思へば--
    この和歌の中にある「かれ」というのが「掛詞」になります。
    • [一つ目の意味]
       →「人目がかれる」。つまり、今まで訪れてきた人が来なくなってしまう。
    • [二つ目の意味]
       →「草が枯れる」。つまり、冬になると草が枯れてしまう。
    と、「かれ」という言葉に2つの意味が出てきます。ですので、これは「掛詞」にあたります。

    下に書いた「掛詞の2つのパターン」で振り分けると、今回のものは「2.一つの言葉に、そのまま二つの語の意味を兼ねて使うもの」に当たります。

  • レトリックを深く知る
  • 深く知る1同音語の多い日本語での「掛詞」
  • 日本語には、同音異義語が数多くあります。「掛詞」が和歌の中で、たくさん使われている理由は、「日本語には同音異義語が多い」ということがあります。

    この特徴を利用すると、表面上の意味と、隠された意味とを一語のなかに入れることが無理せずにできます。
  • 深く知る2「掛詞」の2つのパターン
  • この「掛詞」は、次の2つのパターンがあります。
    1. 上からの文と、下へ続く文とを、一つの言葉をそれぞれ二つの意味に使って結びつけるもの
    2. 一つの言葉に、そのまま二つの語の意味を兼ねて使うもの
    が、その2つのパターンです。
  • 深く知る3「掛詞」と「しゃれ」との違い
  • この「掛詞」は、原理的には「しゃれ」と同じものになります。ですが、この「掛詞」は、とりあえず、まじめな効果を狙ったものです。

    しかし、「語呂合わせ」の持っている「しゃれ」による面白さの要素も、十分に含んでいます。

    さらに。
    『レトリック連環(成蹊大学人文叢書2)』(成蹊大学文学部学会[編]/風間書房)によれば、「掛詞」は単なる言葉の洒落なのではなく、「自然の光景」と「人間の心象風景」を重ね合わせる機能を有している、と説明されています。

    このように、「掛詞」には「自然の光景」と「人間の心象風景」を重ね合わせる機能があると考えれば。引用した「人目も草もかれぬと思へば」という「掛詞」は、次のように読みとることができます。

    つまり、
    • 「草が枯れる」が「自然の光景」を表している
    • 「人目がかれる」が「人間の心象風景」を表している
    と言うことができます。
  • 深く知る4「掛詞」の弱点

  • ですが、この「掛詞」には、弱点があります。それは、中身のない形骸化した「掛詞」になりやすい、ということです。『古典文学レトリック事典』(國文学編集部[編]/學燈社)が挙げている例は、
    • 「あやめ」(菖蒲と文目)
    • 「あらし」(非じ・嵐)
    • 「かたみ」(形見・筐)
    • 「かる」(枯る・離る)
    • 「ながめ」(眺め・長雨)
    • 「なかる」(泣かる・流る)
    • 「ね」(根・音)
    • 「はる」(春・張る)
    • 「ふる」降る・古る)
    • 「よ」 (世・夜)
    というようなものです。「掛詞」には、このような決まりきった「掛詞」のパターンができてしまいました。このことは、平安時代からすでに問題視されています。
  • 深く知る4「掛詞」と「古語法」との関係
  • 現在はふつう使わないような、古めかしい言葉を使う「古語法」というレトリックがあります。引用した部分も、この「古語法」にあたります。

    また。
    ここに出てくる和歌は、順番に「素性法師」と「源宗于」と「慈円」の作ったものです。他人の作ったものを引用しているわけで、「引喩」にも当てはまります。

    このように、1つのシーンで2つ以上のレトリックが使われることも意外なことではなく、ごくふつうのことです。

  • レトリックの呼び方
  • 呼び方
  • 掛詞・懸詞
  • 関連レトリック
  • 参考資料
  • ●『古典文学レトリック事典』(國文学編集部[編]/學燈社)
  • 本のタイトルにあるとおり、古典文学のレトリックについて書かれた本。このページの主旨に近いものなので、とうぜん、主要な参考文献です。
  • ●『日本語修辞辞典』(野内良三/国書刊行会)
  • レトリック関連ではない本で(つまり文芸として)「掛詞」を扱ったもの。そんなものは何冊でもあります。ですので、ちょっと変わった「レトリック」からの視線がある本として、これをあげておきます。

  • 余談
  • 余談1補足として
  • 補足として。
    「冬さびしさまさりける」
    というのは間違いだと思われます。
    「冬さびしさまかりける」
    が正しいはずです。なぜ、そういうことが言えるかというと、文末が「ける」になっているからです。つまり、係り結びになって、最後が連体形になっているからです。係り結びをするのは「ぞ・なむ・や・か・こそ」の5種類だけ。だから、「は」では係り結びをしないはずなのです。

    以上のことから、「は」というのは間違いだろうと思います。