このページは、 のページにあったものを引き継いでいます。
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類
 
音数律 おんすうりつ (a poem with five-seven syllables)
——『シャーマンキング』2巻157〜158ページ(武井宏之/集英社 ジャンプ・コミックス)
ひとつ積んでは
父のため
ふたつ積んでは
母のため

みっつ積んでは
ふるさとの
兄弟 我が身と
回向する

あの世のハテで
この声が
聞こえたならば
立ち上がれ

この数珠の音
聞こえたなら
たぐり来い
——『シャーマンキング』2巻157〜158ページ
(武井宏之/集英社 ジャンプ・コミックス)


定義重要度

音数律は、音節の数によってリズム感を出すというレトリックです。日本語の場合には、「5音」か「7音」を使うことで、この「音数律」を作りだすことができます。


効果

効果1日本語の「口調」に合った表現になる

日本語で「韻文」をつくるときには、この「音数律」のほうがピッタリします。つまり日本語では、「音数律」を使ったほうが、「語呂」とか「口調」に合った表現になります。
:語呂、調子、口調、音調
効果2なだらかな「韻文」になる

「音数律」は、なだらかに流れにのったものになります。これは、決まったとおりの間隔ごとにリズムを作りあげる「韻文」とh対称的です。

使い方
使い方1アクセントとは関係のない「韻文」となる

「頭韻」や「脚韻」のばあい。(強い)アクセントがどこにあるかが重要なポイントになります。つまり「韻文」のルールに従ったものといえるかどうかというのが、「アクセント」の位置によって決まるものなのです。けれども、「音数律」のばあいには、そういったアクセントとは関係がありません。音の数でもって、「韻文」を作りあげることになります。
使い方2「拍(音節)」の数を、5音か7音にする

「拍(音節)」の数というのは、「ひらがな」「カタカナ」で書いたばあいに使われる「文字の数」です。まあ、これは「とりあえず」の説明です。つまりホントは、少し違うものです。なのですが、とりあえず「ひらがな」「カタカナ」で書くと「5音」「7音」にすることができます。

注意

注意1「字余り」とか「字足らず」とかについて

日本の「音数律」は、音節(拍)の数が大きな分かれ道になります。つまり、「5音」か「7音」になているかどうかということが、重大なポイントになるわけです。ですが、「字あまり」のばあい「5音」が「6音」になったりします。また、「5音」のところを「4音」にしたりすると、「字足らず」となります。このような「字あまり」や「字足らず」は、ふつうは「避けたほうがいい」といえます。
:字あまり、字足らず
注意2一本調子な使いすぎは避ける

文章を書いているとき、つまり「散文」を書いているときであっても、この「音数律」が出てくることがあります。ですが、その「音数律」が持っているリズム感を強く出しすぎてしまうと、困った文章になってしまいます。たしかに、音楽には乗っているかもしれない。けれども、実際のところ、本人が伝えたかった文の中身まで目が届かない。そういった文章を作ってしむおそれがあります。
:単調、単純、平板、一本調子



例文を見る例文を見る(末尾)

引用は『シャーマンキング』2巻から。

シーンは、「イタコのアンナ」が霊媒をするために、呪文(クチヨセ)をとなえている場面。

パッと見ただけでは、分かりにくいかも知れません。ですが、引用したものを声に出して読んでみると、音の数に規則性があることに気がつくはずです。つまり、「五・七・五・七…」と、「五・七」の音がくり返されているのがわかります。

呪文の最後が「七音」なら、「長歌」に分類できそうです。しかし、引用したものは最後が「五音」になっています。ですので、これを「長歌」とするのには、ためらいました。

まあそういったわけで。
「長期」とは別に、「音数律」という項目を作ってみることにしました。



レトリックを深く知る

深く知る1「音数律」の周りにあるレトリック
「音韻律」の近くにあるレトリックとしては、つぎのようなものがあります。

そして。
上の表で「音数律」に
含まれるとされているもの。つまり「下位区分」を、細かく見てみる。すると、この「音数律」は次のように細かく分類することができます。
  • 短歌:「五・七・五・七・七」の音で作られる歌
  • 俳句:「五・七・五」の音で作られる歌、その1
  • 川柳:「五・七・五」の音で作られる歌、その2
  • 長歌:「五・七・五・七…」と「五・七」の音がつづいて、最後を「五・七・七」で終わらせる歌
  • 旋頭歌:「五・七・七・五・七・七」の音で作られる歌
  • 仏足石歌:「五・七・五・七・七・七」の音で作られる歌
  • 連歌:「五・七・五」と「七・七」とを交互に複数の人がつなげて作られる歌
…マンガの中で見かけることが、ありえないと思われるものもあります。ですがいちおう、上のように分類できます。

たとえば、詩を作るとき。このばあいには、「音の数」がリズムを出すのに大事なものになってきます。ここでいう詩というのは、おもに「短歌」とか「俳句」とか「川柳」といった、日本に昔からあるものです。

まあ、うちのATOK。
「仏足石歌」を書きこむために「ぶっそくせきか」とタイプしでも、変換されませんでした。そのくらい、マイナーだということです。

深く知る2日本語では、よく「音数律」が使われている理由

日本語では、なんで「音数律」が、よく使われるのか。

言いかえれば。
日本語では、音の数によってリズム感を出そうとするのが一般的です。これは、おおまかにいって「ひらがな」や「カタカナ」にしたあとに、その「文字」の数を1つ1つ読んでいく。そうやって、リズムを作り出すのが基本的です。でも、なんで「音数律」が好きなのでしょうか。

と書いてきたのですが、残念ながら。
えらい学者さんたちの間でも、この問題について結論は出ていません。たしかに、がリズミカルなのは誰もが感じることのはずです。それなのに、なんでそんなふうにリズミカルなのかについては、よくわかっていないのが実情です。

でも。世の中で、「音数律」というものあるということについては、疑いなく広く知られている事実です。

まあ、いちおうの理由を書くと。
日本語では、このような方法がなじみやすいワケ。それは、ほとんどの「ひらがな」「カタカナ」の1文字が、「子音+母音」という発音を示しているからだ、と。


つまり。
たとえば、「子音1つ」+「母音1つ」で1つのカタマリ(音節)をつくることができるので、数えやすい。つまり、リズムとして乗りやすい。

いちおう。
こんなふうに、理由らしいことが説明されることもあります。ですが、みんなの意見が同じになるというほどでもないみたいです。

なお、例外として。
「ア行」の音(=あ・い・う・え・お)については、子音がなくて母音だけで発音されます。そのため、このア行については「母音だけ」で1つの音になります。

深く知る3ではなぜ、日本語では「5音」や「7音」でないといけないのか

そして、いちばんのナゾ。
それは、なぜ「5音」とか「7音」とかいったものがリズムカルになるのかということです。

上で書いたように。たしかに日本語でリズムをとろうとするときには、(その理由はともかく)「音数律」を基準とします。

そして、その「音数律」をつくるとき。そのときには、「5音」か「7音」によってリズムを導き出すのがふつうです。
そのため、「音数律」では「5音」とか「7音」といったものが、大切になってきます

そう、たしかに。
「音(音節)の数」を使って詩や歌を作ろうとしたときに、なんで「5音」とか「7音」とかが選ばるのが典型的です。ですが、なんでまた「5音」とか「7音」れるのか。そのことが問題となってきます。

反対の言いかたをすれば。
べつに、「6音」だって「4音」だって、リズミカルに感じたっていいはずです。それなのに、なんでまた「5音」「7音」のほうが基本のかたちとなったのでしょうか。反対に、どうして「6音」とか「4音」とかは、「字足らず」「字あまり」といって嫌われてしまうのでしょうか。

その理由は。
…不明です。分かりません。

これは、べつに。私(サイト作成者)の知識が足らないために、といったことが理由で「分からない」と書いているわけではありません。そうじゃなくって、えらい国語学者とかであっても、やっぱりナゾなのです。

このナゾを解決するために、まず。
ヨーロッパを中心とした、「インド=ヨーロッパ語族」と呼ばれている言語で使わている「韻文」を見てみます。すると、西洋の「韻文」は、ふつう「音韻律」というかたちをとっていることが分かります。この「音韻律」というのは、「頭韻」や「脚韻」のような「押韻」によって、リズム感を出すものです。

西洋の言葉では、この「音韻律」ほうがメインになります。ヨーロッパの「韻文」は、ほとんどが「音韻律」に含まれる「頭韻」や「脚韻」なのです。

したがって。
この「ヨーロッパの言語から推測する」ことは、残念ながらムリです。

結局。
ナゼ、「5音」と「7音」が多く使われるのか。その疑問にたいしては、
よくわからない
というほかありません。

だいたい、「5」と「7」なんて「素数(そすう)」だし。だから、その2つの数字に共通のものを見つけることはムリです。

深く知る4「5音」と「7音」が自然だという、その理由
この「音数律」について書かれたレトリック関係の本で、いちばん興味深かったもの。

それは、『日本語のリズム—四拍子文化論—(ちくま学芸文庫へ4−3)』(別宮貞徳/筑摩書房)という本をです。

この本が書いていることをひとことで言うと、
 七五調は四拍子である
という、かなり斬新なもの。

しっかりと読めば、
音の「調子」が七五調であっても、その「拍子」は四拍からできている
といったことが書かれているので、奇妙な説でないことは確かなんだけれども。

理解しやすくなるのかは、よくわかりません。ですが、すこし説明をプラスして書いておくと。
5音 → |♪♪♪♪|♪−−−| (短)
7音 → |♪♪♪♪|♪♪♪−| (長)
ということになります。なお「♪記号」については、このサイトで手を加えたものです。この著者は「「短短長」とかいう説明をしているため、分かりにくいものになっています。なので、このサイトでは、すこしプラスしておきました。

それはそうと。、つまり。
「5音」の後には、休符が「3つ」。「7音」の後には、休符が「1つ」で。なので、両方とも全体で「8拍」なる。といったことだと思います。

ここで、とくに考えておかなければならないもの。それは、
「4分の4拍子」が音楽にとって、いちばん基本のかたちだ
ということです。



レトリックの呼び方

呼び方5 音数律



関連レトリック

短歌、俳句、川柳長歌、旋頭歌、仏足石歌、連歌、枕詞序詞掛詞、縁語、見立て古語法韻文

参考資料

●『レトリック—日本人の表現—』(寿岳章子/共文社)

この本では、よく日本語で使われる「レトリック」表現について解説がされています。また、もちろん「音数律」についても、おおくのページを使って説明してあります。なのですが残念なのは、40年くらい前に発売された本だということです。なので、手に入れにくいのはたしかです。
●『文章の技—書きたい人への77のヒント—』(中村明/筑摩書房)

「音数律」という、「5音」や「7音」を多く使うレトリック。このレトリックが、どのくらい小説というジャンルで使われているか。そういった、「散文」のほうに視点をすえた本として紹介しておきます。



余談

余談1「音」という単語が乱れ飛ぶ

このサイトでは、なるべく「難しいことば」で説明しないようする。と、そう心がけているつみもりです。

でも、その結果。
このページのように。「音」という単語が乱れ飛ぶという、そんな結果を露呈しています。

まあ、8割くらいは「音節」の意味。1割は「音素」のこと。あとの1割は、その他いろいろ。

言語学あたりに強い人は。てきとうにアタマの中で翻訳しながら読んでください。また、このサイトを見ている、ごく一般的なかたは、あまり深く追究しないでください。


このサイト全体からのサーチ
 
「使う目的別のページ」の中からサーチ
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類