あとから出てくる情報を補強するできごと、それとなくばらまいておく:伏線|黙示>言わなかった部分をほのめかす:黙説法|黙示>受け手の想像力をかきたてる:提喩|目前>目の前で起きていることをうまく表現する

ために使われる:誇張法|目前>目の前で起こっていることを、生き生きと描く:活写法|模糊>省略のしすぎに注意が必要:省略法|模糊>ほのかにではあるが、確実に印象づけることが必要:伏線|模糊>具体的なもの

を抽象化する:稀薄語|模作>「パロディー」をつくるため、見つけた「特徴」をマネて借りてくる:パロディ|模索>なんとか言いあらわそうとして類語を並べる:類義累積(類義語累積法)|文字遊び>つくること自体

全て開く
全て閉める
ふき出しのレトリック(メイン)
レトリックについての本の紹介
レトリックを「知恵袋」よりマシに
レトリック最重要キーワード小辞典