にしたがって並べることで、手際の良さをあらわす:列挙法|未完成>苦しまぎれで「頓絶法」を使い、そのまま宙ぶらりんになることがある:頓絶法|見きわめる>「たとえ」の元になった表現と、よく似た表現を使う:

隠喩|見下す>肩すかしを食らった受け手の様子を、あざ笑う:頓降法|見下す>攻撃の相手に使うことで、おとしめることができる:擬物法|見くだす>単語の意味とは直接には関係がない、ただ品のないことばを使う:

虚辞|見くだす>ヒトの弱点を影から指摘して、遠まわしに笑いものにしたり嫌味を言ったりする:皮肉法|見下す>相手方の弱点を、真正面から攻撃する:冷嘲法|見下す>「諷刺」の対象を、見下したり軽べつしたりす

全て開く
全て閉める
ふき出しのレトリック(メイン)
レトリックについての本の紹介
レトリックを「知恵袋」よりマシに
レトリック最重要キーワード小辞典