TOPへ



使う目的別(作成中)
ま


  • また ,類似した文を、間隔をおいてもう一度出してくる照応法

ちか
  • 間近 ,目の前で起きていることをうまく表現するために使われる誇張法
  • 間違い ,誤りのことばを生みだす「異分析」異分析
  • 間違い ,誤りのあるフレーズだと思われかねない破格構文
  • 間違い ,文法ルールに反しているため、誤用だと思われかねない転移修飾語
  • 間違い ,文の誤りと受け取られかねない代換
  • 間違い ,言いまちがいによって、誤った言葉を生みだすキッカケとなる混成語・かばん語
  • 間近い ,目の前で起きていることをうまく表現するために使われる誇張法
  • 間違いに近い (意味が/意味論的に/意味の結びつきが),誤用すれすれのため、「単なる間違い」だと受けとられることがある破格くびき
  • 間違う ,誤りのことばを生みだす「異分析」異分析
  • 間違う ,誤りのあるフレーズだと思われかねない破格構文
  • 間違う ,文法ルールに反しているため、誤用だと思われかねない転移修飾語
  • 間違う ,文の誤りと受け取られかねない代換
  • 間違う ,言いまちがいによって、誤った言葉を生みだすキッカケとなる混成語・かばん語
  • 間違える ,誤りのことばを生みだす「異分析」異分析
  • 間違える ,誤りのあるフレーズだと思われかねない破格構文
  • 間違える ,文法ルールに反しているため、誤用だと思われかねない転移修飾語
  • 間違える ,文の誤りと受け取られかねない代換
  • 間違える ,言いまちがいによって、誤った言葉を生みだすキッカケとなる混成語・かばん語

ちま
  • まちまち ,バラバラに並べることで、かき回され混乱しているようすをあらわす列挙法

  • ,語の逆さから読むと、ことばの意味が分かるさかさ言葉

つし
  • まっしぐら ,ひたすらであったり、ひたむきに向かっているようすをあらわす列挙法
  • 抹消 ,消したはずの内容が、そのまま分かる抹消表示

つひ
  • 末尾 ,語の逆さから読むと、ことばの意味が分かるさかさ言葉

とう
  • 惑う ,話し手が言葉を決めることができないでいる様子を表す疑惑法
  • 惑う ,1つの単語で表せる複合語などを、複数の単語であらわす代称・ケニング

とま
  • まとまる ,論点が、より明らかになる問答法
  • まとまる ,全体としてまとまりをつける点描法
  • まとまる ,既に作られている名言を、「格言」として採用する格言

とめ
  • まとめる ,矛盾する相容れないことばを無理に結びつけて、なんらかの意味を生みだす対義結合
  • まとめる ,論点が、より明らかになる問答法

とわ
  • まどわす ,引用元のことばを、ねじ曲げて引用することもできる暗示引用引喩
  • 惑わす ,答えが言えなくなった相手を降参させて喜ぶ、ということがメインにあるなぞなぞ
  • 惑わす ,答えが言えなくなった相手を降参させて喜ぶ、ということがメインにあるなぞかけ
  • まどわす ,相手のコトバじりをとって、はぐらかすしゃれ
  • 惑わす ,1つの単語で表せる複合語などを、複数の単語であらわす代称・ケニング
  • まどわす ,一見すると筋の通っているようなことばを使って、はぐらかす循環論法
  • 惑わす ,それまでとはちがった話題にすることで、それまでの話題をゴマかす通過論法


このサイト全体からのサーチ
 
「使う目的別のページ」の中からサーチ