話」に近づいていく:擬人法|寓する>遠回しに伝える:諷刺|偶然>意外性をもたせることができる:掛詞|偶然>ふつうは似ていないと考えるものを、例としてあつかう:挙例法|空疎>形式的にだけ置かれる、情報量

がゼロの無意味なことば:虚辞|空想>「架空の人物」に語りかける:呼びかけ法|空白>形式的にだけ置かれる、情報量がゼロの無意味なことば:虚辞|空漠>形式的にだけ置かれる、情報量がゼロの無意味なことば:虚

辞|クール>クールで冷静な感じをだす:緩叙法(広義の)|クールな>「ものに動じていない」といった性格をあらわすことができる:緩叙法(選択)|クールな>「ものに動じていない」といった性格をあらわすことが

全て開く
全て閉める
ふき出しのレトリック(メイン)
レトリックについての本の紹介
レトリックを「知恵袋」よりマシに
レトリック最重要キーワード小辞典