ぐみを残しながら、別の意味をもたせる「ことわざのパロディ」をつくる:打ち返し|外形>「ことわざ」にとって特徴となっている枠ぐみを残しながら、別の意味をもたせる「ことわざのパロディ」をつくる:打ち返し|

外形>「パロディー」の元になる文の中から、「特徴」を探しだす:パロディ|外見>(の訂正),見せかけだけの訂正をすることで、読み手や聞き手の信頼感を誘う:訂正法|外見>見せかけだけ弱めることで、かえって

強調する:緩叙法(広義の)|外見>特徴的な部分が利用される:あだ名・命名|懐古>「死語」によって心によみがえってくる昔のイメージを、懐かしむ:死語|戒告>短い文の中に、たしなめるような戒めの意味を含め

全て開く
全て閉める
ふき出しのレトリック(メイン)
レトリックについての本の紹介
レトリックを「知恵袋」よりマシに
レトリック最重要キーワード小辞典