びつけて、なんらかの意味を生みだす:対義結合|他>以前の話題よりも新しい話題のほうに、強く気持ちを向かわせる:通過論法|ほかし>遠回しにすることによって、婉曲的・間接的な表現にする:緩叙法(一重否定)

|ぼかす>遠回しにすることによって、婉曲的・間接的な表現にする:緩叙法(一重否定)|ぼかす>あとから出てくる情報を補強するできごと、それとなくばらまいておく:伏線|ぼかす>具体的なものを抽象化する:稀

薄語|ぼかす>遠回しに伝える:諷刺|ぼかす>受け手の想像力をかきたてる:提喩|他の意味>相容れないことばを結びつけながら、矛盾に陥らずに意味を生みだす:対義結合|他へ向ける>以前の話題よりも新しい話題

全て開く
全て閉める
ふき出しのレトリック(メイン)
レトリックについての本の紹介
レトリックを「知恵袋」よりマシに
レトリック最重要キーワード小辞典